福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断されて、痛み止め薬を飲んでいるけれど、腰痛や坐骨神経痛が治まらない。

痛み止めの薬を言われた通りにまじめに飲んでいるのに、痛いままだと心配になりますよね。

そもそもロキソニンやリリカって聞くけど、どんな効果があるの?ヘルニアは治るの?といった疑問もあって当然だと思います。

ロキソニンやリリカをもらって飲み続けても、痛みやしびれが良くならないのはなぜでしょうか?

この記事を読めば、あなたが今飲んでいる薬のことを知り、良くならない理由がわかりますので、あなたに合った対策も見えてきます。ぜひご覧になってください。

 

ヘルニアの治療で薬を処方される理由は?

背骨の間のクッションである椎間板がつぶれ、ゼリー状の中身が飛び出してしまい、神経を圧迫している状態を、椎間板ヘルニアと言います。

椎間板ヘルニアは腰痛、坐骨神経痛(足の痛みやしびれ)が主な症状です。

この椎間板ヘルニアは病院で診断される8割ほどが軽度、中度のものです。ほとんどの場合、飛び出した部分は自然となくなり、安静にしていれば症状が良くなると考えられています。

そこで病院では保存療法として、その間症状をごまかすために痛み止め薬を出し、しばらく様子を見ましょうということになります。

この保存療法を数か月続けても症状が重く改善が見込めない、という場合に手術をしましょうとなります。

 

薬を使う目的

薬自体には、椎間板ヘルニアで飛び出したものや圧迫されている神経を治すという効果はありません。

あくまで痛み止めです。

目的は、ヘルニアによる痛みを感じる信号を遮断して、脳に信号が伝わらないようにすることです。

痛みの信号が脳に伝わらなければ、それを「痛み」として感じることがないというメカニズムです。

 

処方される薬の種類

椎間板ヘルニアと診断され、病院で処方される薬には、いくつか種類があります。それぞれ簡単に解説します。

【消炎鎮痛薬】

これは、炎症を抑えて痛みを和らげるタイプの痛み止めです。

  • ロキソニン
    ロキソニンは飲み薬で、一度は耳にしたことがあると思います。頭痛薬としても処方され、痛み止めとして広く使われています。
  • ボルタレン
    飲み薬では思ったような効果がなかった時に、座薬のボルタレンを使うことがあります。ロキソニンより強い薬です。

副作用は?

薬というものは副作用がつきものです。ロキソニンやボルタレンは、腎臓・肝臓・胃・腸に負担をかけます。そして胃痛、吐き気、食欲不振、むくみなどの症状が出ます。

ロキソニンは手軽に手に入り、常備薬としてすぐに使う人もいるみたいですが、多用すると副作用もありますので、できるだけ減らしていくのが理想ですね。

 

【神経痛の薬】

これは、痛みを感じる神経の働きや、痛みの神経物質が出る働きを抑えます。

  • リリカ
    リリカは飲み薬で、神経の働きを抑えることで痛みを感じにくくするという効果がありますが、痛いときだけ飲んでも効果がなく、1週間ほど飲み続けないといけません。脊柱管狭窄症などの症状にも処方されます。
  • トラムセット
    トラムセットは神経痛だけでなく、けがなどの外傷の痛みにも幅広く対応する薬です。抜歯後の痛み止めなど。

副作用は?

リリカとトラムセットは、効果が強いですが、その分副作用も出やすい薬です。

めまい、吐き気、眠気、便秘、なかには意識低下など、日常の生活に影響がでる副作用もあります。医師からしっかり説明を受けて、納得の上で服用してください。用法や容量を守ることも大切です。

 

 

痛み止め薬でヘルニアは治るの?

結論から言うと、一時的に痛みは減るかもしれませんが、ヘルニア自体は治りません。

先ほど紹介したロキソニンやリリカなどの痛み止め薬は、それぞれ痛みを感じにくくして椎間板ヘルニアの腰痛や坐骨神経痛の症状が楽になります。

しかし、ロキソニンやリリカで症状が減ったとしても、それはあくまで痛みをごまかしているものだ、ということを忘れないでください。

症状の部位が発している「ここが悪いところです!何とかしてください!」という危険信号を、司令塔である脳に伝えないようにしています。

本来は痛みを感じることで、その動きは危険だと察知して、腰や足に負担がかかりにくいように体が動くようになりますが、薬で痛みを無理に止めると、体にとって危険な動きもやってしまい、悪化させてしまう恐れもあります。

もちろん、今の椎間板ヘルニアの腰痛や坐骨神経痛の症状がつらくて、一時的でも痛みが和らぐだけで安心できると思いますので、今すぐ薬をやめてくださいとは言いません。

ただ気を付けてほしいのが、痛みを感じにくくなっているだけで、椎間板がつぶれて裂け中身が飛び出している、椎間板ヘルニアの状態は変わりませんので、ヘルニアを悪化させる動きだけは注意してください。

 

 

ロキソニンやリリカが効かない理由は?

ロキソニンやリリカなどの痛み止め薬を飲んだとしても、椎間板ヘルニアの腰痛、坐骨神経痛の症状には効かない場合がよくあります。

ロキソニンやリリカなどの薬の効果は、とても個人差があるということです。すごく効果が出やすい人もいれば、長く飲んでも全く効果がない人もいます。

理由は様々ですが、椎間板ヘルニアの症状の原因に対してそもそも合っていない薬だったということも当然あります。

椎間板ヘルニアでの腰痛や坐骨神経痛は、実際には大きく4つの原因があります。

  • 神経が原因の痛み
  • 炎症が原因の痛み
  • 筋肉が原因の痛み
  • ストレスや不安が原因の痛み

例えば筋肉が原因で足の痛みが出ているとしたら、炎症を抑える薬を飲んでも効かない、ということです。

仮に効果があっても、毎日のようにロキソニンやリリカを服用していると、胃腸などに副作用がある他に、体が薬に対して抵抗力を持ってしまい、効き目がなくなっていきます。

最初は効果があっても、途中から全然効かなくなり、薬の種類や量が増えたということも良く聞きます。

また、もともと椎間板ヘルニアによる腰痛や坐骨神経痛の症状が強い場合などは、薬の効果では太刀打ちできないこともあります。

先ほど述べたように、薬で痛みが和らいだことで、ヘルニアにとって良くない動きをしてしまい、知らず知らずに薬の効果が効かないほど悪化させてしまう場合もあります。

 

 

ロキソニンやリリカが効かないときの対策

椎間板ヘルニアの腰痛や坐骨神経痛に、ロキソニンやリリカが効かないときに必要なことは、筋肉の状態をよくすることです。

なぜかというと、ロキソニンやリリカが効かないとき、多くの場合は筋肉が固くなっていることで、筋肉自体が痛みの物質を出しているか、固くなった筋肉が神経や血管を圧迫して痛みが出ているからです。

椎間板ヘルニアの症状が筋肉によるものであるとしたら、薬ではなく筋肉にアプローチすべきです。

 

筋肉が固まったままの場合

椎間板ヘルニアでロキソニンやリリカを飲んでも効かないとき、体の状態としては、炎症は落ち着いているけれど筋肉が固いままという状態です。

炎症がないので消炎鎮痛剤のロキソニンは効きません。

筋肉が痛みの原因ですので神経の働きを抑えるリリカは効きません。

ですので、椎間板ヘルニアの症状の原因となっている、筋肉の状態を良くするのが有効です。

 

筋肉の状態を良くする方法

固まった状態の筋肉には、しこりのようなものがあります。筋肉のごく一部がギュッと縮まり、米粒~あめ玉くらいの大きさの塊ができます。

ここを軽く押さえるだけでも他より痛いと感じますし、触れるところ以外にも、ジーン、ビリビリといった痛みを感じます。

例えばお尻の筋肉の一部を触れると、足までジワーっと広がるような感じがします。それは、ジワーっと広がる感じがしたエリアの痛みの原因が、お尻の筋肉の一部だったということです。

このような、しこりの部分を探し出し緩めることで、ロキソニンやリリカで効かなかった、椎間板ヘルニアの腰痛や坐骨神経痛の症状を改善させることができます。

 

具体的な椎間板ヘルニアの腰痛、坐骨神経痛を改善する方法は、こちらの記事をご覧ください。

あなたの坐骨神経痛を改善させる簡単ストレッチ5選

痛み止めに頼りたくないけど仕事中は不安だという場合はこちらの記事もご覧ください。

腰椎ヘルニアにコルセットは必要?選び方や使用した方がいい場合とは

 

まとめ

椎間板ヘルニアの腰痛、坐骨神経痛にはいくつかの薬があり、それぞれ目的が違うということを知ってもらえたかと思います。

「痛み止め薬が効かない」というのは、椎間板ヘルニアの腰痛、坐骨神経痛の原因が、炎症、神経、筋肉、ストレスのどれによるものかに左右されます。

症状の原因と痛み止めの作用が合っていないことが多いですね。

痛み止めが合っていて症状が和らぐとしても、その効果は一時的で、ヘルニアを治しているわけではありません。

また、痛みが和らいだからとヘルニアに悪い動きをしていては、効き目がなくなったあとにかえって悪化している・・・ということになりかねませんので注意してください。

痛み止めが効かないときは、炎症は落ち着いているということ。そして、筋肉が痛みの原因であれば、対策方法があります。

椎間板ヘルニアの腰痛や坐骨神経痛が続くとつらいと思います。ですがあきらめずに回復を目指してくださいね。

どこに行っても良くならない、椎間板ヘルニアの腰痛、坐骨神経痛でお悩みであれば、福岡の腰痛専門の当院にご相談ください。きっとお力になれると思います。

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP