福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

腰痛や足の痛みで、夜中に足がつる、台所で長く立っていられない、長く歩いていられないという悩みはありませんか?

ネットで調べると脊柱管狭窄症かもしれないと思い、どんな薬が効くのだろうと調べても情報がありすぎて分かりません。

この記事では脊柱管狭窄症の痛みやしびれに効果があるとされ、病院で処方される薬について解説します。

*病院で処方される薬の使用については医療機関にて適切な診断を受けたうえで用法用量を守り服用してください。

リマプロスト(商品名:オルパモン、プロレナール)

グラフィックス1

リマプロストはプロスタグランジン製剤とも呼ばれ、薬の商品名はオルパモン、プロレナールなどと呼ばれます。手足の血管に血栓ができて血管をふさいでしまう病気に対して、薬物療法の一つとして用いられていました。

強力な血管拡張作用と血流増加作用により血栓による血管の詰まりを取り除くためです。また血小板凝集抑制作用という血液をサラサラにする働きにより血流を改善させるという効果があります。

脊柱管狭窄症の場合、神経が通る脊柱管が狭くなっているため神経まで十分に血液が行きわたらずに、足の痛みやしびれ、腰痛などの症状が現れます。

オルパモンやプロレナールを処方すると、脊柱管の狭窄で圧迫されていた神経周辺の毛細血管が拡張しますので、血の巡りが良くなり歩行時の痛みやしびれが緩和します。

効果

強力な「血管拡張作用」、「血流増加作用」、「血小板凝集抑制作用」により脊柱管の神経まわりの血流を改善します。

副作用

主な副作用として、腹部不快感、発疹、頭痛、だるさ、下痢、食欲不振、出血などがあります。

プレガバリン(商品名:リリカ)

グラフィックス2

脊柱管狭窄症の多くの人の悩みになるのが、腰痛とお尻から足にかけて起こる痛みやしびれで、「神経障害性疼痛(とうつう)」と呼ばれます。

ビリビリ、ジンジン、ズキズキといった言葉で言い表すことができる症状です。これは病気で神経が圧迫されたりけがで神経が傷つくことによって、神経が異常に興奮して起こる痛みです。

たとえ病気やケガが治っても、神経が興奮したままだと痛みはなくなりません。こうした神経障害性疼痛に多く処方されるのがプレガバリン(商品名:リリカ)です。

プレガバリン(リリカ)には、カルシウムイオンが細胞に入るのを低下させる働きがあります。カルシウムイオンが細胞に流入しないと、痛みのもとになる興奮性神経伝達物質が放出されにくくなり、鎮痛作用として効果を発揮します。

なぜカルシウムイオンが痛みと関係するのか、順を追って解説します。

私たちの体では神経の中に痛みなどの感覚を伝達する物質が流れています。痛みの感覚を伝達する物質は脳にたどり着き、私たちは痛みとして感じます。

脳に伝達する神経と神経の間で痛みの感覚を伝達する際にはカルシウムイオンが細胞に入って伝達物質のやり取りを行います。

カルシウムイオンが細胞に多く入るほど、神経と神経の間で痛みの感覚を伝達する物質のやり取りが増えより強く痛みを感じるようになります。プレガバリン(リリカ)はこの作用にブロックをかけ痛みを抑えます。

効果

痛みを感じる原因になる、神経の興奮性神経伝達物質の放出を抑えることにより、興奮しすぎた神経をしずめて痛みを和らげます。

神経性の痛み、ピリピリ、ジンジンと表現するような症状に効果があります。

副作用

めまい、眠気、むくみ、体重増加、抑うつ、動悸、頭痛などがあります。

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)

グラフィックス3

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)はいわゆる鎮痛剤です。脊柱管狭窄症で足腰の痛みを訴える人に一般的に病院で最もよく処方される薬です。

脊柱管狭窄症による足腰の痛みを抑えることで、患者さんの日常生活の質を向上させるということを目的として用いられます。

NASIDsはロキソニン、ボルタレン、セレコックス、オテラックなどの製品がありますが、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称です。

なぜNSAIDsが脊柱管狭窄症に用いられるのかというと、脊柱の狭窄している部分では炎症が起こりプロスタグランジンという痛みを感じやすくさせる物質が生成されています。

プロスタグランジンの生成にかかわるのがシクロオキシナーゼという酵素です。(酵素とは体内の化学反応を助ける物質です)

NSAIDsはシクロオキシナーゼの働きを抑える効果がありますので、プロスタグランジンの生成が抑制されます。すると痛みを感じやすくさせる物質が減るので痛みが緩和します。

効果

発痛物質の生成に関係する酵素の働きを抑え、痛みを和らげます。

副作用

胃痛、吐き気、胃潰瘍などの胃腸障害、腎臓の障害があります。

オピオイド系鎮痛薬(商品名:トラマール、トラムセット)

グラフィックス4

脊柱管狭窄症にはまず上記のNSAIDsを処方することが多いですが、NSAIDsで十分な鎮痛効果が見られない場合はオピオイド系鎮痛薬の処方が検討されます。

オピオイド系鎮痛薬(商品名:トラマール、トラムセット)は、中枢神経や末梢神経の痛みにかかわるオピオイド受容体を刺激し、脳に痛みの信号が伝わりにくくします。

また痛みを抑える働きをする神経伝達物質を活性化させます。NSAIDsより高い効果を見込めますが、副作用が出やすいのが特徴です。

副作用が出やすいため他の薬も処方されることが多く、服用する薬が増えてしまう傾向にあります。

効果

脳内の痛みにかかわる受容体を刺激して、脳に痛みの信号を伝わりにくくします。また鎮痛作用がある神経伝達物質の働きを活性化して痛みを和らげます。

副作用

副作用が出る確率は高く、便秘、吐き気、めまい、眠気、口の渇きがあります。

筋弛緩薬(商品名:テルネリン、ミオナール)

グラフィックス5

脊柱管狭窄症の人は痛みやしびれにより、筋肉が反射的に固まっている場合が多いです。特に足腰の筋肉がこわばった状態が続き、力が抜けないようになります。

脊柱管狭窄症の人で夜に足がつりやすいというのは、筋肉が反射的に固まりこわばりが強くでているからです。

筋肉がこわばる状態が続くと、筋肉の疲労から発痛物質が生成されやすく、血流不足により筋肉が酸欠状態になり睡眠では回復しなくなります。

すると脊柱管狭窄症の痛みやしびれが長引き、症状が悪化してしまうという悪循環に陥ります。

筋弛緩薬は脳から指令を伝達する中枢神経に働きかけ、痛みで反射的に緊張している筋肉のこわばりを和らげます。

筋弛緩薬のみを処方されることは少なく、鎮痛薬と一緒に処方されて相乗効果を期待します。脊柱管狭窄症の強い痛みに対して筋弛緩薬だけ服用しても効果は期待できません。

効果

脳から筋肉に伝わる指令を抑えて、痛みで反射的にこわばった筋肉の緊張を和らげます。

副作用

眠気、消化不良、吐き気、口の渇き、脱力感、めまいなどがあります。

アセトアミノフェン

アセトアミノフェンは風邪薬に含まれる成分で、解熱作用や鎮痛作用があります。そのため脊柱管狭窄症の痛みを抑える目的で処方されます。炎症を抑える作用はありません。

NSAIDsなどに比べると、副作用が少ないため胃腸障害が起きにくいというメリットがあります。

しかし脊柱管狭窄症の場合は治療が長期間になりやすく、長期投与を避けるためにアセトアミノフェンを処方されることはあまりありません。

ビタミンB12、抗うつ薬

脊柱管狭窄症の薬物療法で、ビタミンB12製剤や抗うつ薬を用いることもあります。

ビタミンB12製剤は血液中の赤血球を増やす働きがあります。赤血球が増えることで傷ついた神経の修復を助けます。神経が正常に働くようにすることで痛みを緩和します。

脊柱管狭窄症による慢性的な痛みやしびれで、精神的に辛い状態が続きうつ状態になる人もいます。うつ状態の人は痛みをより感じやすい傾向にありますので、抗うつ薬を使用することで痛みが軽減する効果があります。

まとめ

脊柱管狭窄症の痛みやしびれに効果があるとして、様々な薬が処方されます。

・血流を良くして痛みを緩和させるプロスタグランジン製剤
・神経の興奮を抑えて痛みを緩和させるプレガバリン
・発痛物質の生成を抑えて痛みを緩和させるNASIDs
・脳に伝わる痛みの信号を抑えて痛みを緩和させるオピオイド系鎮痛薬
・こわばった筋肉の緊張を緩める筋弛緩薬など、

痛みの状態や原因、薬物療法の目的別に医師が判断しこれらの薬を処方します。

しかし薬には必ず副作用があり、副作用による別の症状を抑えるために同時に複数の薬を処方されることがありますので、用量や用法を正しく守る必要があります。

自分で判断せずかかりつけの専門医と相談しながら服用してください。

ドクターショッピングをしていたあるお客様は、脊柱管狭窄症の痛みをどうにかしたいがために10種類もの薬を毎日服用されていました。

病院でたくさんの薬を処方され、薬を減らしたいけど減らせないといった悩みを抱えて来院されるお客様は多いです。

福岡県福岡市の整体院では、独自の骨盤矯正と体幹の筋肉を緩める施術方法で、腰の神経の圧迫を和らげ全身の血流を改善させ症状の緩和を行います。

薬の服用についてはこちらから服用中止などの指導は致しません。お客様とかかりつけの医師と相談していただき薬の量や種類を決めて頂く必要があるからです。

通院を続けるうちに症状が緩和することで、薬の量が少なくなり、最終的には薬に頼らない元気で健康的なお体になっていただくことが大切だと思っています。

症状の改善に従ってさらなる早期回復と再発予防のために体幹の筋肉(インナーマッスル)のトレーニングを行います。

また⾃宅でもできる体操やストレッチの方法、歩き⽅、食事、⽣活習慣の改善方法などもアドバイスして脊柱管狭窄症に戻らないような体づくりをさせて頂いています。

PS.ただいまLine@で相談を受け付けています。つらい症状ひとりで悩まず私たちにご相談ください。下記のバナーからお友達追加してメッセージを送ってください。

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP