福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

脊柱管狭窄症老夫婦

脊柱管狭窄症と診断された…。

休み休み歩かないと、足が痛くて5分も歩けない…。

お尻や太ももが痛くて台所で立っていられない…。

あなたはこんな症状を抱えて困っていませんか?

 

「病院では薬と湿布を出されて、治らないなら手術ですねと言われた」

「マッサージとか電気治療をしたけど、変わらなかった」

「運動しなさいと言われてジムや体操をしてみたけど、余計に痛くなった」

この記事を見ているあなたは、脊柱管狭窄症はもう手術しないと治らない、とあきらめているかもしれません

手術しなくても痛みやしびれが改善する!もうあきらめなくていいんだ!と思ってもらいたくてこの記事を書きました。ぜひ最後までしっかりご覧になってください。

 

 

脊柱管狭窄症ってどんな症状?

脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある脊髄(せきずい)神経の通り道を脊柱管と言いますが、背骨の中にある神経の通り道が狭くなり、中の神経を圧迫している状態をいいます。

 

脊柱管狭窄症の主な症状

脊柱管狭窄症 足の痛み

主な症状は、まっすぐ背筋を伸ばして立つとき、歩くときに足の痛みや痺れが現れます。そして前かがみになったり、しゃがんで腰を曲げると痛みが減ります。

「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」と呼ばれる症状が、脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

歩き始めたら、だんだん足に痛みやしびれが出始め、少し休むと楽になるので、また歩き出す…といった歩き方になります。

当院に来ているクライアントは、ビリビリする、ジンジンする、ズキズキする、というような言い方をしますね。

 

脊柱管狭窄症になる3つの原因

脊柱管狭窄症 原因

臨床上多くみられる原因は、3つあります。

  1. 体幹のインナーマッスル(深い筋肉)が弱っている
  2. 腰や股関節、お尻の筋肉が固くなっている
  3. 足首の筋肉が弱って動きが固い

簡単に説明すると、

1は、体感のインナーマッスルが弱ると、背骨を支える力が弱くなります。そして神経の通り道が狭くなって症状がでます。

2は、腰や股関節、お尻の一部に筋肉のシコリができます。それが神経や血管を圧迫しビリビリ、ジンジンする足の痛みを引き起こします。

3は、足首が固いので、足の内側の筋肉が使えず、歩幅が狭くなります。するとがに股歩きになって骨盤やお尻が下がり、背骨が曲がります。

 

なぜ歩き始めると痛くなるの?

なぜ歩くと足が痛い

立って歩くとき、腰が伸びますよね。その時、脊髄神経の通り道の脊柱管が反って短くなり、通り道が狭くなります。

そうすると、通り道の中で神経が圧迫されて、足に伸びる神経に影響が出ます。それが足の痛みや痺れとして現れます。

腰を曲げると脊柱管の反りがなくなり、神経の通り道が広くなり圧迫がなくなるので、痛みが減ります。

脊柱管狭窄症の人が歩くのは足が痛いけど、自転車に乗るのは平気というのはこういった理由があります。

 

椎間板ヘルニアとは違うの?

ヘルニアとは違うの?

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの症状は似ているところが多く、主に腰や足に痛み、しびれが現れます。日常生活も困難になるほど重度の痛みになることも珍しくありません。

痛みが出る原因は

  • 脊柱管狭窄症:神経の通り道の脊柱管が狭くなっている
  • 椎間板ヘルニア:背骨のクッションの中身が飛び出している

こういった原因の違いがありますが、どちらも足に伸びる神経が圧迫されているのは同じですので、似通った症状になるのです。

両方とも放置すれば痛みや痺れはどんどん悪化しますし、重度になると排泄障害を引き起こすほどになります。

 

【脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの見極めポイント】

見極めポイント

大きなポイントは3つ。特徴的な違いがあるので参考にしてください。どちらも併発している場合もあります。

脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア
 前かがみになると痛みが減る  後ろに反らすと痛みが減る
歩くと痛み出し、休むと回復 ずっと同じ痛み
 50代以上に多い  20代~40代に多い

 

脊柱管狭窄症になりやすい人

基本的には50代以上の、筋力が徐々に衰えてきた人がなりやすいです。

仕事で長時間座っていた、以前から猫背だった、歩くことが少なかった。

そういった生活習慣が長かった人がなりやすいのが脊柱管狭窄症です。今まであなたはそういった生活をしてきませんでしたか?

 

 

脊柱管狭窄症の一般的な治療法

当院に来られるクライアントから聞いた、病院でされた、もしくは勧められたことがある治療法を紹介します。(これらではなかなか改善しないので当院に来ているのですが)

 

リリカ(薬物療法)

薬

脊柱管狭窄症の神経症状に多く用いられるのが薬物療法で、リリカと呼ばれる薬を処方する病院が多いです。一定期間以上飲み続けて効果が出ます。

副作用として、ふわっとするようなめまい、むくみ、体重増加、ひどい時は意識障害なども例があります。

こういった副作用から、「早く薬をやめたい」とおっしゃるクライアントも少なくありません。

 

神経ブロック注射

ブロック注射

麻酔薬を注射することで痛みが伝わる経路を遮断して、痛みをとる方法です。継続的に注射をする必要があります。

一時的に痛みを和らげることには役立ちますが、痛みの感覚をなくしているだけなので狭窄症を治しているのとは少し違いますね。

10回ブロック注射を受けに行ったけど、治らなかったし最後は力が抜けて歩けなくなって怖くなったとおっしゃクライアントもいます。

 

手術

手術

脊柱管狭窄症の手術は主に2種類あり、

  1. 背骨の神経を圧迫している骨などの一部を取り除く除圧術
  2. 1のあと背骨を安定させるために固定する除圧固定術

一度切り取ったら復元できませんので、慎重に考えた方がいいでしょう。

ちなみに、入院期間は約2週間ほど、費用は80~100万ほどかかります。除圧固定術だと200万ほどのようです。(入院費用は別)

高額医療費制度で自己負担額は減りますが、それでも数十万円になりますね。

 

 

手術をしないで治るの?脊柱管狭窄症改善の3つのポイント

脊柱管狭窄症でも手術をしないで改善することはできます。(すべての狭窄症ではありません)

具体的には、曲がり切った骨や、変形してしまった背骨を戻すことはできませんが、姿勢を改善して身体が動きやすくなる、腰痛が出なくなる、歩いても痛くないといった状態にすることはできます。

大丈夫

脊柱管狭窄症による腰痛、足の痛みや痺れが、

  1. 体幹のインナーマッスルが弱り、背骨が曲がって神経圧迫
  2. 腰やお尻の筋肉が固まって、足の神経や血管を圧迫
  3. 足首の筋肉が弱って動きが固いので、がに股になり腰が曲がる

これらが原因だということを先に言いましたね。

そこで脊柱管狭窄症を改善するためには、この3つの原因を取り除けばいいわけです。

では、どうやって3つの原因を取り除いていくのか順にお話しします。

 

ポイント1:体幹のインナーマッスルを鍛える

まずはあなたのインナーマッスルが正常に働いているか確認しましょう。

 

【インナーマッスルが正常に働いているかをチェック!】

  1. 仰向けになり、両ひざを立てます。
    仰向け1
  2. お腹をキュッとへこませます。
    お腹を・・・ へこませる

ちゃんとインナーマッスルが働いている場合は、おへその下に力が入り、下腹がへこみます。

 

もし、次のような動きが出てくるようであれば、問題ありです。

  • 背中が反る
  • 胸が引きあがる
  • 下腹ではなく、おへその上やみぞおちがへこむ

インナーマッスルがうまく使えないので、他の筋肉でそれを補おうとして、こういった動きが出てしまいます。腰痛や坐骨神経痛があると、下腹だけをへこませることが出来ません。

 

【体幹のインナーマッスルトレーニング】

1.初級編

  • 椅子に座った状態で頭の後ろで手を組みます。
    後ろで組む
  • ゆっくりお腹をへこませながら息を吐きだします。
    息を吐く
  • お腹をへこませた状態で20秒キープします。

*息が少し苦しくなると思いますが、頑張りましょう!可能であれば1日3セットするのがベストです!

 

2.中級編

  • 仰向けになります。
    あおむけ
  • 両手をお腹の上に乗せ、腰を床に押し付けるように力を入れます。
    腰を押し付ける
  • すると勝手にお腹もへこみます。その状態を20秒キープします。

*腰を床に押し付ける感覚が分かりづらい場合、腰の下にタオルを引いて、手で引っ張って抜いてみてください。するっと抜けると思います。

タオルが抜けないようにすると、腰を床に押し付ける感覚が分かりやすいです。

タオルを押し付ける

可能であれば1日3セットするのがベストです!

 

3.上級編

  • 四つん這いになります。
    四つん這い
  • 右手を上げて、まっすぐ前に伸ばします。
    手を上げる
  • 同時に左足をまっすぐ後ろに伸ばします。
    足も上げる
  • その状態を20秒キープします。
  • 終わったら今度は反対側を上げましょう。

*可能であれば、1日3セットがベスト!はじめ難しかったら、腕だけ伸ばしてもOKです。

 

脊柱管狭窄症でのインナーマッスルのトレーニングは、とても効果は大きいと言えます。

これで背骨が曲がるのを防ぎ、神経の圧迫を取り除いて症状を軽くします。ただし、1回2回やったからと言って変わるものではないのでご注意を。

筋肉の細胞が生まれ変わっていくのは3週間ほどかかります。まずは1週間、最低でも1ヶ月は続けてくださいね。自分のためですから(^^)

 

ポイント2:腰やお尻の筋肉を緩める

腰やお尻の固まった筋肉を緩める方法は、大きく2つの方法があります。

 

【テニスボールを使ってほぐす】

  • 腰編
    1.仰向けになって両ひざを曲げます。
    仰向け
    2.テニスボール2つで背骨を挟むように腰の下に入れます。
    テニスボールを入れます
    3.足を使って背中を移動し、ボールが当たってイタ気持ちいいところを探します。
    動かす
    4.ポイントが見つかったら、体重をかけていきます。
    押し付ける
    5.1つのポイントにつき1分ぐらい刺激してください。

*テニスボール袋の作り方(写真はソフトな野球ボールです)
100円ショップなどでテニスボール2つ準備します。小さなペットボトルを入れる袋(なければ靴下)にテニスボールを2つ入れて出口を絞れば完成です。

ボールと袋 絞る

 

  • お尻編
    1.仰向けになって両ひざを曲げます。
    仰向け
    2.片方のお尻の下にテニスボールを1つ入れます。
    お尻にボール入れる
    3.両ひざをテニスボールを入れた側に曲げます。
    横に倒す
    4.少し体を動かして、ボールが当たってイタ気持ちいいいところを探します。
    5.1つのポイントにつき1分ぐらい刺激してください。
    6.反対側も同じように行います。

注意:ポイントを探すときに、無理に動いて痛むような場合は、テニスボールほぐしは控えておきましょう。以下のストレッチを行ってください。

 

【ストレッチをする】

  • 腰を伸ばして脊柱管を広げるストレッチ法
    1.仰向けになって両ひざを曲げます。
    仰向け
    2.ひざを両手で抱えます。
    3.ひざを胸のほうへ引き寄せます。できるだけ息を吐きながら。
    ひざを曲げる
    4.10秒キープし、足をゆっくりおろします。
    5.これを10回繰り返しましょう。
    6.朝と夜、1日2回行いましょう。

注意:難しい場合は片足ずつでOKです。また、疲れるときは足を急に降ろさず、先に椅子を準備しておいて、そこに足を置くようにしてください。

椅子に置く

 

  • 腰と背骨、股関節の柔軟性を上げるストレッチ法
    1.仰向けになって両ひざを曲げます。
    ひざを立てる
    2.左右に180度、両ひざを倒していきます。
    ひざ倒す1ひざ倒す2
    3.5分くらい繰り返しましょう。
    4.朝と夜、1日2回行いましょう。

注意:ひざを倒すときは、無理をせず倒れるところまで、痛みなく動かせる範囲でオッケーです。

 

  • お尻の筋肉を柔らかくするストレッチ法
    1.椅子に座ります。
    椅子に座る
    2.片方の足を、もう片方の太ももの上にのせます。
    足の上に
    3.背中を伸ばしたまま、上半身を前に倒していきます。
    倒していく
    4.お尻が伸びるのを感じたら、30秒キープします。
    5.反対側もやりましょう。
    6.これを1日3セット行います。

注意:足を太ももの上に乗せるときに、股関節が痛い、ひざが痛いという場合は、無理に乗せずにストレッチをやりましょう。

 

  • 太ももの裏のストレッチ法
    1.立ったまま、踏み台(または階段でもOK)に片足を乗せます。
    台に足を乗せる
    2.乗せた足のかかとをつけ、つま先を上にあげます。
    3.両方ともひざを伸ばした状態で、体を前に倒していきます。
    足をストレッチ
    4.踏み台に乗せている足の太ももが伸びるところで、30秒キープします。
    5.反対側もやりましょう。
    6.これを1日3セットやります。

注意:伸ばす足のひざが曲がらないように、ひざを手で押さえるのがコツです。

 

ポイント3:足首の筋肉をトレーニングする

足首が強化できれば、歩くのが楽になり、腰の負担も減ります。トレーニング方法は2つあります。

【つま先立ちトレーニング】

  1. 正面に背もたれのあるイスを準備します。(なければ壁で大丈夫です)
  2. 足を肩幅に開きます。つま先は正面。
    立つ
  3. かかとを上げ、つま先立ちをします。
    かかとを上げる
  4. いったん戻して、またかかとを上げる。
  5. これを10回から30回繰り返しましょう。

*足首が弱いと10回でも限界だと思います。初めはかかとを無理に上げず、回数も無理がないくらいで行いましょう。

 

【足首いろいろ体操】

  1. 座った状態で両足を伸ばします。
    座って伸ばす
  2. つま先を前後に30回動かします。(つりやすい場合は、片足ずつ)
    足首前後
  3. つま先を左右に30回動かします。
    足を内外
  4. つま先を外回しで30回動かします。
    外回し
  5. つま先を内回しで30回動かします。
    内回し

*足首のいろんな動きをすることで、下半身全体の筋肉をバランスよく使うことができ、足首の柔軟性を上げることが出来ます。

 

 

脊柱管狭窄症の悪化を防ぐ正しい姿勢

トレーニングやストレッチをしても、普段の姿勢が良くなければ、脊柱管狭窄症の治りが遅くなります。ここでは、状況に合わせた脊柱管狭窄症の悪化を防ぐための正しい姿勢を解説します。

 

座っているときの姿勢

背もたれを使い、深くしっかり座りましょう。お尻の下にバスタオル(4つ折り)を引いておくと姿勢が良くなります。

しっかり座る

注意すべきことは、長時間の座りすぎ、ソファーなどのお尻が沈むものです。痛みの再発や悪化の原因になります。

 

立ち上がるときの姿勢

杖やテーブルなど、何かを支えにしながら、ゆっくり立ち上がるようにしましょう。

何かにつかまりながら

注意すべきことは、勢いよく立ち上がることです。急に力を入れることで、腰や足に痛みが生じます。

 

立っているときの姿勢

大事なことは、上半身を反らさないことです。もう一つは長く立ち続けないこと。

脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されます。また足腰の負担が長く続くこともよろしくありません。

 

歩くときの姿勢

痛みが出るときは、少し前かがみになって歩きましょう。杖などを使って支えてもいいし、押し車も使って構いません。

無理に反らして歩くと、痛みが悪化する恐れがあります。

 

寝るときの姿勢

横向き寝るときは、ひざを曲げ、体をすこし丸めるように寝ましょう。足の下に丸めたタオルなどを置くと、足が楽です。

横向き2

仰向けで寝るときは、ひざを曲げ、下に丸めた毛布やバスタオルなどを入れましょう。

上向きで寝る

ひざを伸ばして仰向けになると、腰が反って痛みが出ます。

 

床にあるもの、落としたものを拾うときの姿勢

いったん、ひざを曲げながら腰を下ろしましょう。物を手にとったら、足の力だけで立ち上がりましょう。

ひろう1

ひろう2

下のものとる3

くれぐれも腰だけ曲げて、腰だけで持ち上げるという事はしないでくださいね。症状が悪化します。

 

まとめ

脊柱管狭窄症は、長年の姿勢の悪さ、体の使い方のクセが積み重なって起こる疾患です。症状が出ているときには、だいぶ進行している状態です。

ですので、ちょっと治療やストレッチをしたからと言ってすぐに治るものではありません。

しかし放っておくと、まったく歩けない、起き上がれない、寝付けない、すべてが億劫になる…こんなことになりかねません。

あきらめずに根気よく、脊柱管狭窄症の原因を取り除くトレーニングやストレッチを行うことで、手術に頼らずに腰や足の痛みを改善することは出来ます。

そして大事なことは、痛みが治まってきたら終わりではなく、再発しないような体に作り変えることです。

詳しい原因や改善ポイントをまだ見ていないのであれば、この記事を戻ってぜひ確認してください。

出来ることをできる範囲で、どれか1つでもいいので、頑張って続けてくださいね!

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP