福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

あなたはすべり症で腰痛、足の痺れに悩んでいませんか?

手術が必要なんだろうか・・・他の病気があるんじゃないか・・・なんて不安になることもありますよね。いろいろ調べるほど不安になる情報が出てきて困っていませんか?

何かいい改善方法がないかと探しているあなたに、この記事ではすべり症に効くストレッチの方法を解説していきます。

<目次>

  • すべり症とは
  • すべり症の原因と一般的な治療法
  • すべり症に効くストレッチ
  • まとめ

 

すべり症とは

すべり症とは、腰椎と呼ばれる背骨の腰の部分の骨が、前にスライドするようにずれる状態のことを言います。

すべり症のタイプ

すべり症はタイプは複数あり、分離すべり症、変性すべり症、先天性すべり症などがあります。

分離すべり症

腰椎の一部が折れて分離するためにすべるタイプです。特に第5腰椎がで起こりやすいです。

ただし、分離があったとしてもすべり症が合併するとは限りません。

変性すべり症

分離がないのにすべるタイプで、加齢によって起こります。

加齢によって、背骨を支えている靭帯、椎間板、関節などの状態が変化したり、背骨を支える筋肉が衰えることで腰椎がすべってしまいます。

先天性すべり症

すべり症としては稀なタイプです。腰椎が成長過程で正しく作られず、成長期に体重や動きに堪えられずすべってしまいます。

すべり症の症状

すべり症の主な症状は、腰痛や足の痛みと痺れです。すべり症だから激痛になるというわけではなく、初めは腰の重だるさなどのよくある腰痛が多いです。

強い症状ではないため放っておく方が多いですが、ぎっくり腰を繰り返したり、腰に負担をかける生活を続けていると、症状が進行していきます。

腰痛になる理由

前方へ椎骨が滑るので、背骨のカーブは正常ではありません。上半身を骨で支えることができず、筋肉で支えるために腰の筋肉に負担がかかります。

足の痛みやしびれが出る理由

腰椎が前方に大きくすべると、足につながる神経が骨で圧迫されます。そして足の痺れが出るようになります。

症状が進行すると、ヘルニア、脊柱管狭窄症を併発し、深刻化すると排せつ障害の症状が出ることもあります。

すべり症チェック

日常ですべり症かどうかを判断する項目がありますのでチェックしてみてください。

✅同じ姿勢が長く続くと腰が痛い

✅歩き続けていると腰が痛い

✅腰を反らすと特に痛い

✅腰から振り向く動きはできる

✅お尻から太もも、足に痛みやしびれがでる。

✅少し動いていると楽になる

✅朝起きた時は腰痛がひどい

この項目にいくつか当てはまっていたら、それはすべり症の可能性があります。

すべり症になりやすいのは、女性ホルモンの減少で骨が弱くなりやすい50代の女性、スポーツを盛んに行う中学生や高校生などの世代です。

学生の頃スポーツを頑張っていた方は、大人になってすべり症が残ったままで腰痛や足の痺れに出てくることもあります。

 

すべり症の原因と一般的な治療法

すべり症の主な原因は、筋肉の衰えです。

詳しく言うと、お腹の深部の筋肉が弱っていることで腰椎を支えることができずに、腰椎が前に滑りやすくなります。

言い換えると、体幹のインナーマッスルが弱ることがすべり症の原因なのですが、病院などで一般的にどのような治療をするのかを紹介します。

薬物療法

痛み止めの薬で痛みを緩和させます。あくまで対症療法で、すべっている状態を改善させることは目的にしていません。

コルセット療法

コルセットを着けることで腰にかかる負担を減らします。すべり症を改善することではなく、痛みを軽減する目的です。

コルセットをつけっぱなしにしていると、圧迫されて血行不良になったり筋力が低下し、外した時に自分で支えることができなくなります。

するとまたコルセットに頼ることになる、というデメリットもありますので、頼りすぎないように注意しましょう。

手術

手術は最終的な手段として用いられます。ただし、手術をしたからと言って必ず痛みが改善するわけではないのでご注意を。

 

すべり症に効くストレッチ

すべり症の原因のほとんどは体幹のインナーマッスルの筋肉が弱っていることです。

ですので、体幹のインナーマッスルを鍛えると同時に、代わりに負担がかかっていた筋肉をストレッチで緩めることが、症状改善に大きく役立ちます。

ここではインナーマッスルの鍛え方と、症状改善のストレッチを解説します。

体幹のインナーマッスルの鍛え方

このトレーニングのメリットは、2つあります。

  • 前に滑った腰椎を支える筋肉を強くする
  • 前に滑って歪んでしまった背骨のカーブを改善する

ではやり方を説明します。

1、仰向けで両ひざを立てます。

2、お腹の上に手を当てます。

3、下腹をへこませましょう。腰を床に押し付けるようにイメージします。

4、10秒を3回やりましょう。朝と夜やれるといいですね。

腸腰筋のストレッチ

すべり症の原因に、腸腰筋とよばれる筋肉があります。この筋肉が緩むと腰を前に引っ張る力が減るので、すべり症の改善になります。

1、両ひざで立ちます(ひざ立ち)

2、片足を前に出します。

3、姿勢をまっすぐにしたまま、体を前にスライドさせます。

4、後ろの太ももの付け根あたりが伸びていれば成功です。

5、20秒以上ゆっくり伸ばしましょう。反対側も同様に行います。

朝と夜の2回するのがおススメです。

猫背のストレッチ

猫背の状態では、腰椎は前に滑りやすくなります。猫背の姿勢を改善するストレッチですべり症に効きます。

猫背改善ストレッチ①

1、イスに座った状態で手のひらを頭の上で合わせます。

2、手のひらを外に向けながら横方向に肘を90度曲げます。

3、もとの位置に戻します。

4、これを15回行いましょう。

できるだけ呼吸をしながら、手のひらを外に向けるのがポイントです。

猫背改善ストレッチ②

1、イスに座ります。

2、体の後ろで両手の指を組みます。

3、そのまま後ろに腕をあげましょう。

4、胸の筋肉が伸びる感じがしたら、5秒間キープします。

5、これを5セット行いましょう。

猫背改善のストレッチ①、②を朝晩2回やるのがおススメです。

ひざゆらゆらストレッチ

すべり症で腰痛の症状がある場合、背骨を支えるために腰の筋肉に負担が増えて固くなっています。

筋肉が疲労して痛みが出ていますので、腰の筋肉に柔軟性を持たせるストレッチをやりましょう。

1、仰向けで両ひざを立てます。

2、左右にゆらゆら倒します。最初はふり幅は小さくてOKです。

3、だんだん左右のふり幅を大きくしていきます。

4、1分ほど繰り返しゆらゆらさせましょう。

朝と夜の2回やるのがおすすめです。

トレーニングやストレッチで大事なことは無理せず、コツコツ続けることです。もし痛みが強くなるようであれば中止しましょう。

 

まとめ

すべり症の腰痛や足の痺れは、重度のすべり症以外ではほとんど筋肉が影響しています。

体幹のインナーマッスルが弱っている、腰周辺の筋肉が固まっている、姿勢が良くない、などが原因ですので体幹トレーニングやストレッチ、姿勢改善などをしていくとすべり症は改善します。

この記事をまとめると

  • すべり症とは
  • すべり症の原因と一般的な治療法
  • すべり症に効くストレッチ

こういった内容で説明していますので、読み飛ばしていたらぜひ戻ってご確認ください。

福岡の腰痛専門の整体院では、すべり症の原因となる筋肉を緩めながら、姿勢バランスを整え骨盤の位置を正常に戻します。

またインナーマッスルのトレーニングも同時に行い、症状が進行、再発しないように体づくりをしていきます。

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP