福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

水を飲むことで代謝が上がる、デトックス効果、血液循環UPなどの健康へのメリットがありますが意外と飲む量が多い。
「そんなに飲めないよ。」という方へ、今回は飲むコツを3つお教えします。
 
水を飲むイメージ
 
 

1.少しずつ慣らす

いきなり2リットルや3リットル飲もうとチャレンジしても無理でしょう。私ならあっという間に挫折する自信があります。
毎日コツコツ増やしていくようにしましょう。
水を飲んでいくと、お腹がチャポンチャポンとなる方もいます。これは胃腸での水分の吸収が悪い証拠です。
水を飲み続けていくと胃腸もきれいになり吸収も早くなります。
 

2.一口ずつ

1回に飲む量は一口でOKです。ちょびちょび飲んで回数をたくさんといった感じで飲んでいきます。
10分くらいに一口といった具合で飲んでいけば、午前中だけでも1リットルくらい飲めます。
逆に一気に飲んでしまうと、すぐにおしっこで排泄されてしまいます

3.飲んだ量が分かるようにする

ペットボトルだと分かりやすいですね。「あとこれくらい」とか「だいぶ飲めた」と知ることができますね。
成果が見えるのでモチベーションも保てます。
 

 
水に関する質問

Q.飲む水は水道水でいいですか?
できれば水道水そのままはやめましょう。天然水がいいです。しかし金銭的な事を考えると、浄水器でろ過した水でもOKです。
Q.お茶やコーヒーでもいいですか?
普通に飲んで構わないのですが、水分をとるという目的であれば好ましくはありません。なぜなら2リットルや3リットルも飲むと、カフェインも大量にとってしまいかえって良くないからです。「水」でとりましょう。
Q.水を飲むタイミングやいい時間はありますか?
おすすめは
・寝起きに0.5L
・午前中に1L(ゆっくり少しずつ)
・あとは0.5Lをのどが乾いたら
・寝る前に少しだけ
食事中はあまり飲まず、食前に飲む。といった具合がベストです。
 
いかがでしょうか。水の飲み方も少し変えると効果も変わってきます。あとは続けることも大事です。
健康のためにぜひ頑張ってみてください。
*腎臓や肝臓、心臓や血管などに病気がある方は主治医の先生に聞いてから実践してくださいね。
福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP