福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

あなたは、自分が甘いものを摂り過ぎているということをご存知ですか?
 
「いやー、これ食べちゃうと太っちゃうしなー」
「でも食べたいなー」
「明日からダイエットしよ」
なんてこともありませんか?
 
実はそんな意識とは別に、現代人は甘いものを摂り過ぎています・・・
 
甘い物イメージ
 

 
あなたはよくコンビニ弁当を食べますか?

昭和30年代と今を比較すると、昔は炭水化物のほとんどを穀物やイモから摂っていました。
しかし今は甘い味を造るために、食品加工業者は弁当や総菜パン、調味料などに大量に砂糖を使っています。
 
つまり甘いものとはお菓子以外にもソフトドリンク、コンビニ弁当、ファストフード・・などの味付けとして活用されており、私たちの体の健康を蝕んでいきます。

 
こんなことまで!?砂糖の摂り過ぎで・・

砂糖は、血液を酸化させ、赤血球や細胞を崩壊させます。汚れた血にしてしまうということです。
すると、免疫力が低下し、ウイルスや細菌に感染しやすく病気になりやすい体になっていきます。
 
アトピーやアレルギー、かゆみ、冷え、頭痛、肩こり、貧血、便秘、胃潰瘍、糖尿病、心臓の機能低下、子宮の異常、静脈瘤など・・いろいろな病気や症状に影響があります。
 
また精神的にも、我慢が出来ない、イライラする、不眠、うつ病などにも影響を及ぼします。

 
砂糖で腫れる!?

原因が分からずに部分的に腫れるというのは、日頃から砂糖の過剰摂取というのが関係しています。
慢性的に膵臓(すいぞう)や副腎(ふくじん)に負担をかけることになり、結果として関節部の腫れ(炎症)を作ってしまいます。
あなたはたまにありませんか?なぜか一部分が急に腫れるようなことが。。。

 
子供の教育にも!?

砂糖の過剰摂取は急激に血糖値を上げるのですが、実はその後、急激に血糖値を下げます。
急に低血糖となると、労働意欲、学習意欲が減り無気力、倦怠感や疲労感を生じさせます。
 
アメリカで行われた研究では、犯罪者や非行少年の80%以上が低血糖症でした。また、精神病患者の67%に低血糖症が関係していると報告しています。
 
せめて、あなた自身はお菓子の食べ過ぎは控えて、お子さんがいらっしゃる家庭ではお菓子の与え過ぎには注意しましょうね。
 
お菓子・・・無性に食べたくなる時がありませんか?
福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP