福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

寝ている時に腰が痛い、朝起きたら腰痛で動けない・・・
腰痛で悩んでいる人は非常に多いですが、高い確率で
“腰が痛くてスッキリ起きれない”と悩んでいます。

睡眠の時間は、体を回復させるとても大事な時間なんですが、
寝方が悪くて睡眠の質を落としてしまう・・・
そんなもったいないことをしていると、体が回復せずに腰痛は治りません。

そこで今回の記事は、正しい寝方に変えて睡眠の質を向上させ、
腰痛を自分の力できっちり治す方法を紹介します。

最高の睡眠を手に入れましょう♪

<目次>

  • 寝起きに腰痛が起こる原因
  • 腰にいい寝方
  • 寝るときに使うといいもの
  • 寝る前にできること

 

寝起きに腰痛が起こる原因

なぜ寝ているだけなのに腰が痛くなるんでしょうか?
その原因について簡単に説明します。

詳しい寝起きの腰痛の原因は、
こちらの記事をご覧になってください。

朝起きたら腰が痛い・・・寝起きの腰痛4つの原因と対処法

原因① 腰回りの循環が悪い

デスクワークや長時間の立ち仕事など、
同じ姿勢が続くとき、腰の筋肉の疲労がたまり血流が滞ってしまいます。

睡眠の質が落ちて、寝ても腰の筋肉の疲労が取れず、朝起きたら筋肉が固まって痛くなっています。

原因② うつ伏せで寝ている

うつ伏せは重力がかかって腰を反らせる状態になり、
寝ている間腰の負担が続きます。

首も横を向いているので、首から骨盤まで全体的にねじれていきます。

原因③ 夜食事の時間が遅い

夜遅く食事をすると、内臓に負担がかかります。
内臓が疲れると、反射的に筋肉が緊張して固まってしまします。

原因④ 寝具が合っていない

まくらやベッドなどの寝具が体に合わないと、
寝ている間に腰に負担をかけ、朝の腰痛の原因になります。

 

腰痛にいい寝方

寝ていて腰痛が出るということは、その姿勢があなたの体にとって、
楽ではないということになります。

まずは腰痛が出にくい楽な姿勢を探すといいでしょう。

寝るときは基本的に仰向け

寝るときは基本的に仰向けがいいです。
理由は、体のどこにも負担がかかりにくいからです。

横向きだと、下になっている方の肩や股関節に負担がかかります。
長時間その姿勢で寝ると無理がかかるので、体が辛くなります。

辛くなると反対向きに寝返りをしますが、今度は反対側が辛くなります。
するとまた寝返りをします。

寝返りを何度も繰り返すのは、睡眠の質が良くならないので、
そうならないために仰向けで寝るのが理想です。

楽ならどんな姿勢でもいい

先ほどまで仰向けがいいと言っていましたが、
「理想として仰向けがいい」という言い方に変えます。

横向きで寝るのが一番楽なのに、無理に仰向けになる必要はありません。
うつ伏せが一番楽だという場合は、それでも大丈夫です。

まずは自分が一番楽だと思える姿勢を見つけましょう。
体が楽だと思えばリラックスでき、睡眠の質が良くなりますので、
腰痛を改善させるにはそれが一番いい選択です。

 

寝るときに使うといいもの

腰痛改善には、寝具も大事ですが、特に高い寝具を使う必要はありません。
どんなものでもいいので、一度試してみましょう。

決める基準として、実際にまくらやベッドに寝て、
「寝た瞬間にこれは楽だ!と思えたもの」を使ってください。

まくらやベッドなどを選ぶときは、その一瞬の感覚がとっても大事です。

寝た瞬間から違和感があるような寝具だと体は緊張しますので、
睡眠の質は良くなりません。
逆に腰痛が出てしまうこともあります。

ここでは、そのほかに寝るときに使うといいもの一つを紹介します。

クッションを使うとバランスが良くなる

楽な姿勢で寝るために、クッションを使うととても効果的です。
理由は体のバランスが安定しやすいからです。

クッションを使って体の隙間を埋めると、体が触れる面積が増えます。
すると体はより安定しますので、筋肉の負担が減りリラックス効果も高まります。

【仰向けでクッションを使う】

仰向けで寝るときは、ひざの裏にクッションを置くと腰が楽になります。
今回は大判のバスタオルを丸めて使っています。

上向きで寝る

【横向きにクッションを使う】

横向きで寝るときは、足の間と腕の下にそれぞれクッションを置くといいですね。
今回は大判のバスタオルを丸めて使っています。

横向き1横向き2

腰痛予防:寝る前にできること

寝る前にするといいことは、ずばりストレッチです!

寝る前に筋肉を緩めておくと、睡眠時に体の緊張がなくなって、腰痛が出にくくなります。

またストレッチで血流が良くなり、リラックス効果もあるので、
睡眠の質が上がって筋肉の疲労回復が早くなります。

ここでは、タイプ別に寝る前にやるべきストレッチを紹介します。

タイプ別には、骨盤が前傾しているか後傾しているかの違いです。

骨盤の前傾タイプのストレッチ

骨盤が前に傾くタイプは、

内股、X脚、反り腰、お尻が出ている

という特徴があります。

お尻が後ろに出て、腰が反っているような姿勢で、
太もものウラとお尻の筋肉がガチガチに固まって腰痛を引き起こします。

【骨盤前傾タイプに効くお尻のストレッチ】

  1. 仰向けに寝る
  2. 片方のひざを立てる
  3. もう一方の足を、立てたひざのところに引っ掛ける
  4. 2のひざを両手でつかみます。
  5. 体の手前にひきつけましょう。
  6. 3のお尻の筋肉が伸びていれば成功です。
  7. 30秒キープしましょう!

骨盤の後傾タイプのストレッチ

骨盤が後ろに傾くタイプは、

がに股、O脚、猫背、下っ腹が出ている

という特徴があります。

背中からお尻が丸まって、お腹や太ももの前側の筋肉が固くなります。
体を反らそうとすると腰が痛くなります。

【骨盤後傾タイプに効く太もものストレッチ】

  1. 座ります。
  2. 片方足を伸ばします。
  3. もう一方の足は正座するように曲げます。
  4. 体を後ろに倒していきます。
  5. 曲げている方の太ももの前側が伸びていれば成功です!
  6. 30秒キープしましょう!

ストレッチは無理は禁物です。
我慢して伸ばそうとせず、痛みを強く感じるようなら中止しましょう。

“ゆっくり呼吸をしながら、リラックス”

がストレッチのポイントです!

 

まとめ

寝方を変えれば睡眠の質が変わります。

睡眠の質が変われば体はより回復し、腰痛も改善します。

なかなか腰痛が改善せず、特に朝の寝起きに腰痛が多いとき、
寝方や寝具を見直してみてください。

この記事をまとめると

  • 寝起きに腰痛が起こる原因
  • 腰痛にいい寝方
  • 寝るときに使うといいもの
  • 腰痛予防:寝る前にできること

もし見ていないところがあれば、ぜひ戻って確認してください。

寝る前のストレッチも効果的なので、1回2回ではなく、毎日できるときにやってください。
歯磨きのように習慣にできたら素晴らしいです。

早く腰痛を改善したい、もっと楽になりたいと思ったら、
福岡の腰痛専門の整体師にぜひ相談ください。
きっとあなたのお力になれると思います。

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP