福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

腰痛を経験したことがある人は現代人の8割以上と言われています。この記事を見ているあなたは、腰痛でお困りではないですか?

一言で「腰痛」と言っても、実はたくさんの種類があります。そしてそれぞれ原因や症状に違いがあり、正しいアプローチをしないとなかなか改善しません。

この記事では腰痛の種類とそれぞれの原因について、福岡の整体師が解説します。

<目次>

  • 腰痛の大きな分類
  • 加齢が原因の腰痛
  • 背骨が原因の腰痛
  • 筋肉が原因の腰痛
  • 椎間板が原因の腰痛
  • 内臓が原因の腰痛
  • 腰痛の対処方法

腰痛の大きな分類

「腰痛」を大きく分けると、特異的腰痛、非特異的腰痛の2つに分類できます。それぞれ簡単に解説します。

特異的腰痛とは?

簡単に言うと、原因がはっきりわかる腰痛のことです。

病院でレントゲンやCT、MRIをとった時に、画像ではっきり原因がわかり、病名を診断できるような腰痛だということです。

例えば、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症などです。

ただし椎間板ヘルニアなどと診断されても、すぐに手術が必要なものは少なく、手術をしても治るとは限りません。

というのも、当院のスタッフもヘルニアと診断され、手術と入院を4回繰り返したからです。今でも背骨にボルトが入ったままです。

非特異的腰痛とは?

簡単に言うと、原因がはっきり分からない腰痛です。

病院でレントゲンやCT、MRIをとっても、画像では原因がはっきりせず、病気の診断ができない腰痛のことを言います。

実は世の腰痛の約85%はこのタイプの腰痛で、結局は「原因不明」ということになります。

なので病院では「骨に異常はないから薬と湿布出しときますね。様子を見てください」となるわけです。

当院のクライアントは「年のせい」とだけ言われて何もやってくれなかった!と不満をもらしていました。

ここからは原因別に腰痛を分類します。

加齢による腰痛

腰痛の原因で最も言われるのが、「年のせい」と言われる加齢による腰痛です。3タイプの診断名がありますので解説します。

変形性脊椎症

腰に鈍痛、重だるさを感じます。立ち上がりや寝返りで腰痛が出やすく、動いているうちにだんだん痛みが和らいでいきます。

変形性脊椎症の原因は、椎間板の弾力がなくなって背骨に衝撃が加わるようになり、骨が変形して周りの神経を圧迫して痛みがでます。

骨粗しょう症

腰から背中にかけて、慢性的に痛みを感じます。なかなか痛みが取れず、背が低くなったり背中が丸くなります。

骨粗しょう症の原因は、骨が作られる量が減り、骨の中がスカスカで脆くなるため、ちょっとした衝撃や力が加わると折れてしまいます。

よっこいしょと座るだけで背骨が折れるようなこともあります。転んで骨折して寝たきりになる、ロコモティブシンドロームの原因の一つです。

特に高齢の女性になりやすいのですが、閉経で女性ホルモンが減りますので骨を作る働きが減ってしまうからです。

他には、肉や魚や卵などのたんぱく質が不足(実はカルシウム不足より多いです)していることで、骨の材料が少なく、さらに運動不足で骨を作らなくていいと脳が判断してしまうことで骨粗しょう症が進行してしまいます。

椎間関節症

背骨は椎骨と呼ばれる骨が連結していますが、その連結部分の椎間板が変形したりつぶれたりして、背骨の関節の動きに余裕がなくなります。無理に動かすため背骨の関節に炎症が起きて腰痛が出ます。

朝起きた時の腰痛が特徴で、しばらく起き上がれないほど痛むこともあります。起きて動いているとだんだん痛みを感じなくなります。しかしそのまま放っておくとヘルニアや坐骨神経痛といった症状に進行することがあります。

背骨が原因による腰痛

背骨が原因の腰痛は加齢とは関係なく発症します。10代や20代などのスポーツを行うような若い世代が腰痛になりやすく、悪化すると生活にも支障が出るようになります。

分離症

背骨を構成している椎骨同士の関節が分離している状態を言います。スポーツなどで腰の曲げ伸ばし、体をねじる、ジャンプを繰り返すなどが原因で、骨が折れて分離が起きます。

10代や20代に多いのは、骨がまだ出来上がっていない状態で繰り返し負荷がかかるために、損傷しやすいからです。腰痛、足の痛みやしびれなどの症状が現れ、座っていると痛みが強くなるというように、同じ姿勢が長く続くと症状が強くなる特徴があります。

すべり症

背骨を構成している椎骨の一つが前後にずれている状態です。主に前にずれることが多く、レントゲンではスライドしているように見えるのですべり症と言われます。

骨がずれることで神経を圧迫し、背骨も歪んでいるため腰の筋肉に負担がかかります。症状は腰痛、足の痛みやしびれの症状が現われます。

ただしすべり症でも、腰痛を感じることがないもしくは痛みが少ないために放っておかれることが多く、中高年になった時に腰痛や足の痛みの症状が出る場合もあります。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は50代以降に多く発生します。椎骨や椎間板が加齢により変形し、背骨に囲まれた空間が狭くなり、中を通る神経が圧迫されて腰痛や坐骨神経痛の症状が現れます。

立って腰を伸ばそうとすると腰が痛み、足の痺れが強くなることもあります。また長く歩くと腰や太もも、すね、ふくらはぎや足のウラまで、痛みやしびれの症状が出てきて歩けなくなります。

少し休むと楽になるのでまた歩き出し、足が痛くなってまた休むという歩き方を繰り返します。

筋肉が原因の腰痛

ほとんどの腰痛はこの筋肉や神経が原因の腰痛です。画像診断では原因がはっきりせず、悪化するとぎっくり腰になったり、ヘルニア、坐骨神経痛、すべり症などに進行することがあります。

慢性化することが多く、腰が重だるい、朝起きたら腰が痛い、腰を動かすときに痛いといった腰痛全般の症状がでます。

腰椎症

原因がはっきりしない腰痛にも診断名をつけないといけないため、腰椎症と呼ばれる名前で呼ばれます。ものを持ち上げたり、起き上がりや立ち上がり動作、長く同じ姿勢を続けるときなどに腰が痛くなります。

腰痛が合ってもレントゲンやMRI、CTでは原因が分からないため、本来腰痛が出るほどではないほどの椎間板のつぶれや骨の変形を、ヘルニアとか変形性脊椎症と言うこともあります。そんな診断をされたたら怖いですよね。

原因は主に関節の筋肉や神経に負荷がかかり、緊張や疲労して蓄積され痛みが出ます。

根本的な原因はほとんど生活の中にあります。運動不足や肥満、悪い姿勢、猫背、体のクセ、ストレス、栄養の偏り、睡眠不足など人によって様々です。

椎間板が原因の腰痛

椎間板ヘルニア

ヘルニアとは、背骨の間にあるクッションの役割のある椎間板が変性して潰れ、ゼリー状の中身が飛び出してしまう状態のことを言います。飛び出した部分が神経を圧迫して坐骨神経痛の症状が現れます。

腰やお尻、太もも、すねやふくらはぎ、足の指まで、痛みやしびれが出てきます。激痛でまっすぐに立っていられないことも多く、重症になると排尿・排便の障害が出ることもあります。重度の場合は手術の必要があります。

病院での治療の多くは鎮痛薬などで様子を見ることが多く、改善がないようであればブロック注射、それでも悪化していくようであれば手術も検討するという流れになります。

ヘルニアを引き起こす原因としては、椎間板に運動や無理な姿勢、仕事により過度の負荷がかかることが挙げられます。

内臓が原因の腰痛

内臓の病気で腰痛になることもあります。内臓の病気の場合、早く治療をする必要がある病気もあります。人間ドックや健康診断などで、定期的に自分の体の健康状態を把握しておくことも重要です。

内臓の病気が原因の場合、腰痛だけでなく排尿時痛、嘔吐、異常な血圧などほかの体の不調が出てきます。何かおかしいと思ったら早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

消化器系の病気

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石、胆嚢炎、大腸炎など、腰に近い臓器で病気になると、腰痛がでることがあります。消化器系の病気は進行がゆっくりですので、腰痛が出るころには病気が進行している可能性があります。この場合は腰自体が原因ではないですので、胃痛、腹痛、下痢、嘔吐、血尿、食欲不振などを感じていたら、一度病院で診てもらいましょう。

循環器系の病気

例えば、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症などで腰が痛くなることもあります。

腹部大動脈瘤は、横隔膜の下にある腹部大動脈にコブができて血流が阻害されている状態です。はじめは痛みは感じないのですが、コブが大きくなってくると腰の骨や神経が圧迫されます。そして腹痛や腰痛が起こります。

循環器系の病気は動脈硬化が原因となっている場合が多く、血流も阻害されているため、消化器系にも影響がでて、腎臓や肝臓などの機能が低下します。心筋梗塞や脳梗塞を急に発症することもありますので、何かおかしいと思ったら医師の診断を受けましょう。

婦人科系の病気

婦人科系の病気は、月経困難症、子宮筋腫、卵巣嚢腫などにより腰が痛くなることがあります。

子宮筋腫などは腰痛以外に自覚症状が出ないこともあり、放っておくと不妊や腫瘍が肥大してしまいますので注意が必要です。定期的に婦人科で診てもらうといいでしょう。

一般的な病気

よくある風邪やインフルエンザで関節痛として、腰が痛くなることもあります。

腰痛の対処方法

ひとこと腰痛といっても、加齢や背骨、内臓や筋肉など、様々な原因から腰が痛くなる可能性があり、どのように対処したらいいか分からなくなると思います。

気を付けておきたいことは、慢性的な腰痛で「そんなに痛くないから」と放置してして症状がどんどん悪化してしまうことです。

“痛み”は体から発生する異常のサインです。異常をそのままにしないように、専門の医療機関に相談するようにしましょう。「この腰痛は何が原因なのか分からない・・・」という場合は、福岡市で腰痛改善が好評の当院へご相談ください。

ほとんどの腰痛は・・・

  • 同じ姿勢を続けていると腰が痛い
  • 後ろに体を反らすと腰が痛い
  • 逆に前に曲げると腰が痛い
  • 朝起きた時に腰が痛い
  • 腰痛の痛さに波がある
  • 腰に重だるい感じが続く

こういった腰痛には、筋肉が原因になっているものが大多数です。

長時間のデスクワークや立ち仕事、車の運転、仕事のストレス、寝不足などからくる筋肉疲労と、運動不足からくる筋力低下などにより、筋肉が緊張して固くなります。

筋肉が固くなると、骨盤や背骨などを歪ませてしまい姿勢のバランスも悪くなります。また筋肉の緊張により血管が圧迫され血流が悪くなります。

こういった流れで腰痛が起こり、寝ても体が回復せず、日常でまた疲労をためて腰痛が慢性化します。放置しているとあるきっかけで悪化し症状が進行します。

日常でできる腰痛の対処方法

体に疲労をため込まず、血行不良を解消する生活をしましょう。熱すぎないお風呂にゆっくり浸かり、入浴後や寝る前にストレッチをするのがおすすめです。

また夜はご飯を食べすぎない、水分をこまめにとる、姿勢に気を付ける、普段から歩くようにするなど、腰痛の早期改善や予防に役立つ方法があります。

今回は腰痛に効くストレッチをいくつか紹介します。朝と夜の2回やるのがベストですが、忙しい方は寝る前だけでもぜひ行ってください。

猫背改善ストレッチ①

猫背だと体の重心バランスが悪くなります。歪んだ上半身を支えるために、腰回りに負担がかかりますので、腰痛を引き起こしやすくなります。そこで腰痛予防のための猫背改善のストレッチを説明します。

1、イスに座って、頭の上で手のひらを合わせます。

2、手のひらを外に向けながら腕を広げていき、肘が90度になるところまで曲げます。

3、再び手を上げ、頭の上で手のひらを合わせます。

4、このセットを15回行いましょう。

手のひらを外に向けるのがポイントです。胸が開いて肩甲骨に動きができます。

猫背改善ストレッチ②

1、イスに座って、体の後ろで手を組みましょう。

2、手を組んだまま後ろに腕を上げます。

3、胸が伸びる感じがしたら、5秒間キープします。

4、力を抜き、腕をおろします。

5、これを5セット行いましょう。

胸のストレッチと肩甲骨を内側に寄せる体操ができます。

猫背ストレッチは①→②の順でやってください。

次に、固くなった腰の筋肉と動きにくくなった背骨、骨盤に動きを付けるストレッチを紹介します。

腰と骨盤のストレッチ

1、仰向けで両ひざを立てます。

2、左右にひざを倒します。最初はふり幅は小さくてOKです。

3、だんだん左右のふり幅を大きくしていきます。

4、1分ほど左右に繰り返し倒しましょう。

ひざを左右に倒すときは、なるべく脱力して行ってください。無理せず倒れる範囲までで十分です。

トレーニングやストレッチで大事なことは無理せず、コツコツ続けることです。もし痛みが強くなるようであれば中止しましょう。

まとめ

この記事では、

  • 腰痛の大きな分類
  • 加齢が原因の腰痛
  • 背骨が原因の腰痛
  • 筋肉が原因の腰痛
  • 椎間板が原因の腰痛
  • 内臓が原因の腰痛
  • 腰痛の対処方法

この内容で腰痛の様々な種類と原因を紹介しました。

腰痛の85%は画像診断で「原因不明」とされるものですが、原因が分からないといっても放置しておくと、ヘルニアや坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、すべり症など、原因がわかる腰痛に重症化する恐れがあります。

当院が考える「原因不明」腰痛の

福岡の腰痛専門の整体院では、「原因不明」の腰痛の原因となるインナーマッスルの筋肉を緩めながら、姿勢バランスを整え骨盤の位置を正常に戻します。

また歩行や体の使い方をアドバイスし、バランスの取れた体をキープできるトレーニングも同時に行います。症状が二度と再発しない体になってもらうことを目標にしています。

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP