福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

足の痺れが出てきて、病院でレントゲン、MRIをとったけど
「特に骨に異常はないですね」と言われたあなたへ

こんなことで困っていませんか?

  • 歩いていると足がしびれてくる
  • お尻から太ももがしびれる
  • ふくらはぎやすねがしびれる
  • 長時間座っていたら痺れてくる
  • 足が冷える感じがする

この記事では、画像診断では異常がない足の痺れの原因を解説します。

先ほど挙げた症状が当てはまるようでしたら、ぜひご覧になってください。

<目次>

  • 一般的な足の痺れの原因
  • 画像で判断できない足の痺れの原因
  • 一般的な足の痺れの治療方法
  • 画像で判断できない足の痺れの治療方法

 

一般的な足の痺れの原因

まず、レントゲンやMRIで判断されるような足の痺れの原因を、かいつまんで説明します。

椎間板ヘルニア

背骨の間にある、ゼラチンやコラーゲンで出来たクッションのことを、椎間板と言います。

その椎間板が押しつぶされて破けてしまい、中のゼリー状の髄核(ずいかく)が飛び出している状態を、椎間板ヘルニアと言います。

飛び出した部分が神経を圧迫して、神経の先にある足にしびれの症状が出てきます。

脊柱管狭窄症

背骨の中にある、神経の通り道が狭くなっている状態のことを言います。

骨が変形したりして通り道が狭くなるのですが、このときに神経を圧迫して、その先の足にしびれの症状が出てきます。

すべり症

背骨の一部が、前にずれる状態のことを言います。

ずれた骨のところで神経が圧迫されて、足のしびれの症状が出てきます。

その他内科的なもの

脳梗塞やがん、糖尿病などにより足の痺れが出ることもあります。

詳しくは書きませんが、しびれだけではなく他の症状も伴いますので、何かおかしいなと思われる場合は、病院で診てもらいましょう。

 

画像で判断できない足の痺れの原因

病院に行ったけど、「骨には異常がないですね。痛み止めを出しておきますから、様子を見ましょう」と言われるような足の痺れが、大体これに当てはまります。

先ほど述べた椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症も、はっきりそれが足の痺れの原因だと断定されず、「ちょっと背骨の間が狭くなっていますね」と、あいまいな感じで言われることも多いです。

じゃあなぜ足が痺れるの?と思われるでしょうから、その原因をお答えします。

足の痺れの原因の多くは筋肉

例えば、車の運転をしていて足が痺れてくる場合、お尻の筋肉が圧迫されて血行不良になります。すると筋肉は緊張して固くなります。

すると、お尻から足にかけて通る神経が筋肉で圧迫されます。こういったことで足のしびれが出てきます。

筋肉はレントゲンやMRIではどのようになっているのか判断できません。ですので様子を見ましょうと言われます。

主に腰とお尻、股関節周りの筋肉が原因で、足の痺れが出ていることが多いです。

①腰の筋肉

足の痺れの原因になりやすい部分は腰の筋肉です。写真のバツ印をつけている部分が、足の痺れの原因になりやすい部分です。(痛みが出る部分は赤丸の範囲です)

腰の筋肉

腰の筋肉の特に外側が緊張して固まっていると、太もも、ふくらはぎ、くるぶしにかけて足の痺れが出やすいです。

②お尻の筋肉

次に足の痺れの原因になりやすい筋肉は、お尻の筋肉です。写真にバツ印をつけています。

お尻の筋肉

お尻の筋肉が緊張して固まっていると、ひざウラ、ふくらはぎ、くるぶしにかけて足の痺れが出やすいです。

③股関節周りの筋肉

3つ目の足の痺れの原因になりやすい筋肉は股関節周りです。

股関節周り筋肉

股関節の周りの筋肉が緊張して固まっていると、ふくらはぎ、すね、足の甲にしびれが出やすいです。

筋肉が固くなる原因は日常生活にある

ではなぜそもそも筋肉が固まるのか?

それはあなたの生活習慣が原因かもしれません。

今から筋肉が固まりやすい生活習慣のリストを上げていきますので、何個当てはまっているかチェックしてみてください。

✅座っていると無意識に足を組んでいる

✅荷物はいつも同じ肩で持っている

✅長時間同じ姿勢で過ごすことが多い

✅締め付けるような服や靴をよく身に着けている

✅物を拾うときは膝を使わず上半身だけで拾う

✅パソコンの画面やテレビの画面が正面にない

✅スマホの画面を長時間下を向いて見ている

✅白砂糖を使ったお菓子やデザートが多い

✅いつも水分をほとんど摂らない

こういった何気ない生活の中に、足の痺れにつながる原因が潜んでいます。

筋肉に疲労がたまる→体のバランスが崩れて歪む→筋肉が固くなる→血行が悪くなる→筋肉に疲労がたまる・・・

という積み重ねで、ついには神経を圧迫して足の痺れが出てしまうんですね。

足の痺れのセルフチェックを詳しく書いた記事がありますので、こちらもご覧になってください。

もしかして坐骨神経痛?と思ったら、簡単セルフチェック!

 

一般的な足の痺れの治療方法

ここでは、画像で判断されるような、
ヘルニアなどの足の痺れについて、病院で行われる一般的な治療方法を説明します。

大きく分けて薬物療法、理学療法、神経ブロック療法、手術の4つになります。

薬物療法

残念ながら、薬は足の痺れに対して直接治すものではありません。

一般的には症状を和らげるということを目的に薬物療法を行います。

  • 炎症を抑える消炎鎮痛薬
  • 痛みの伝達を抑える神経薬
  • 筋肉の緊張を緩める筋弛緩剤
  • 血管を広げて血流を良くする血管拡張薬

があります。

薬で症状を和らげながら3ヶ月ほど経過観察をして、症状の変化を見ていく治療方法です。

理学療法(リハビリなど)

医師の指示で、

  • リハビリなどの運動療法
  • ホットパックや遠赤外線で温める温熱療法
  • コルセットをして日常の負担を減らす方法
  • 電気を流して筋肉の血流を促す電気療法
  • 理学療法士が行うマッサージ

などがあります。

「毎日痛みを我慢してリハビリに行ったけど変化しなかった」と、ヘルニア手術を4度経験した当院スタッフは言っています。

神経ブロック療法

背骨の中の神経まで注射針を刺し、神経や神経の周りに麻酔薬を打ちます。

痛みが伝わる神経を麻痺させて、感じなくさせる治療方法です。1回で良くならないので、何回も注射をする必要があります。

麻酔が切れると足のしびれも再発します。

手術

薬物療法やブロック注射などで様子をみて、3ヶ月経過して症状に変化が見られない、悪化しているという場合に、手術をする選択肢が出てきます。

また足の痺れだけでなく、排尿、排泄の障害がある場合は、経過を見ずにすぐ手術ということもあります。

基本的には足の痺れで病院に行ったら即手術、ということは少ないです。

 

画像で判断できない足の痺れの治療方法

では、ヘルニアや脊柱管狭窄症ではなかった場合、足の痺れはどのようにして改善させればいいのか?

この場合、足の痺れの原因は筋肉によるものが多いと先に述べましたが、しびれを引き起こしている筋肉を緩めれば症状は回復に向かいます。

ここではセルフ整体、ストレッチで解決する、方法をできるだけ簡単なものをチョイスして紹介しようと思います。

神経の圧迫を減らす、血行を良くする、筋肉のコリをほぐす、体の柔軟性を高めるといった目的で行います。

セルフ整体の方法

この方法で足全体の筋肉を緩めて、骨盤の位置が改善します。坐骨神経の圧迫や足の血行不良が改善し、足の痺れの症状が良くなっていきますので、少しずつ実践してください。

1、太ももの付け根の辺りを手のひらでさする

2、ひざのウラを手のひらでさする

3、ふくらはぎの外側を手のひらでさする

4、外くるぶしの後ろを手でさする

筋肉を軽く圧迫しながら、クルクルと回すようにさすってください。1か所につき10秒ほどやりましょう。

できる範囲の姿勢で無理がないように行ってください。終わった後に足の痺れが和らいでいたらOKです。もし1回で変化がないとしても、続けることで血行が改善して骨盤の歪みも整いますので頑張ってください。

ストレッチの方法

・お尻の筋肉をストレッチする

  1. 仰向けになって両ひざを立てます
  2. 片方の足首を、反対側のひざの上あたりに乗せます。
  3. 立てているひざのウラを両手で持って胸にひきつけます。
  4. 足首を乗せている方のお尻が伸びます。
  5. 20秒以上、ゆっくり呼吸をしながらキープしましょう

*両手でひざを持つとき、ひざのウラではなく前側を持つと、さらにお尻の筋肉が伸びます。

・太ももの筋肉をストレッチする

  1. 座って両足を伸ばします
  2. 体を丸めないように、前に倒します。
  3. 太ももの裏側が伸びるのを感じたら、20秒以上キープしましょう。

*片方の足を折り曲げてやると、片側だけ伸ばすことができます。固い方はひざが曲がるかもしれませんが、それでも伸ばせる範囲でストレッチをしてください。

・腰の筋肉をストレッチする

  1. 仰向けになって両ひざを立てます。
  2. 両ひざを付けたまま左右に少しずつ揺らします。
  3. だんだん左右に揺らす幅を大きくします。
  4. 1分ほど続けましょう。

腰の筋肉が緩むのと同時に、骨盤や股関節、背骨の動きが柔軟になります。

注意:ストレッチはリラックスできるくらいの強度で行ってください。無理して伸ばすと逆に力が入ってしまい痛くなる恐れがあります。

少し伸びて気持ちがいい、呼吸を普通にできるくらいの強度でやってくださいね。

こちらの記事でも他のストレッチやツボ療法などをまとめているので、ご覧になってください。

あなたの坐骨神経痛を改善させる簡単ストレッチ5選

もしかして坐骨神経痛?と思ったら、簡単セルフチェック!

 

まとめ

足の痺れは、病院ではっきりと画像診断ができるものが少なく、画像で原因が分からない場合は筋肉が原因になっていることがほとんどです。

ですので、足の痺れを改善させるためには、しびれを引き起こしている筋肉を特定して緩めていけばいいというわけです。

今回の記事をまとめると

  • 一般的な足の痺れの原因
  • 画像で判断できない足の痺れの原因
  • 一般的な足の痺れの治療方法
  • 画像で判断できない足の痺れの治療方法

これらについて解説しています。まだ見ていないところがあれば、ぜひ戻ってご覧になってください。

あなたが病院で骨に異常がないから様子を見ましょうと言われ、足の痺れに悩んでいるのであれば、当院までご相談ください。福岡の腰痛専門の整体師が足の痺れの原因を特定し、改善に向けてお役に立てると思います。

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP