福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

坐骨神経痛で車を運転すると、いつも足がビリビリする、ジンジンする・・・

長時間運転していたら、太ももからふくらはぎの外側が痛くて、
思うようにアクセルやブレーキを踏めなくなる・・・

運転中にそんな症状が出たら、危険を感じますよね。

もしかしたら、すでに仕事に影響が出てしまっていますか?

この記事では、車の運転をすることが多いあなたに、坐骨神経痛との関係や症状が出る原因、その対策まで書いていきます。

坐骨神経痛のせいで交通事故を起こさないように、ぜひ最後までしっかりご覧になってください。

<目次>

  • なぜ車の運転で坐骨神経痛になるのか
  • 坐骨神経痛を引き起こす原因あれこれ
  • 運転中の対策、予防方法
  • 注意しておきたい病気によるしびれ

 

なぜ車の運転で坐骨神経痛になるのか?

運転している時に、お尻や太もも、ふくらはぎやすね、足首の痛みが出るのは、坐骨神経痛が考えられます。

なぜ坐骨神経痛の症状が出るのでしょうか?

車の運転に限定するのであれば、それはお尻の筋肉が圧迫されていることが原因です。

坐骨神経痛にかかわる「梨状筋」

お尻の筋肉が圧迫されている中で、坐骨神経痛にかかわるのが、
梨状筋(りじょうきん)と呼ばれる筋肉です。

梨状筋とは、お尻の深部にある筋肉で、
腰から足に伸びる坐骨神経のそばにあります。

梨状筋は、車の運転を長時間していると、常に圧迫されて血行不良になり、ガチガチに固くなります。

固くなった筋肉は、そばを通っている坐骨神経を圧迫します。

すると神経が通る太ももやふくらはぎなど、足に痛みやしびれが出ます。
これが坐骨神経痛です。

車の運転で腰が痛くなる理由

また、車のシートは柔らかく低ものが多いですので、
骨盤が後ろに傾き、背中を丸めて座るような姿勢になります。

骨盤が後ろに傾くと、背骨では上半身の体重を支えられず、
腰の筋肉で支え続けることになります。

腰の筋肉は疲労し、固くなってしまうので腰が痛くなります。

さらに運転中はがに股のようにひざを広げて座り、
肘をついて運転していることが多いので、
重心のバランスも崩れて、片側に負担がかかります。

結果、足の痛みやしびれは片側に出るようになります。

 

坐骨神経痛を引き起こす原因あれこれ

坐骨神経痛を引き起こす原因は、お尻の筋肉だけではありません。

レントゲンやMRIなどで診断される、代表的なものを簡単に紹介します。

椎間板ヘルニア

背骨の間でクッションの役目をする椎間板(ついかんばん)が潰れて破れ、中身が飛び出して近くの神経を圧迫している状態です。

坐骨神経痛かなと思って病院に行ったら、ヘルニアですねと言われることが多いと思います。すぐさま手術ということはほとんどありません。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

背骨の中にある空間が狭くなって、神経を圧迫している状態です。

50代以上の方に多くみられ、しばらく歩いていると足が痛く、休むと楽になる・・・を繰り返します。

立っていると足が痛いのですぐに座りたくなる、といったこともよく聞きます。

坐骨神経痛で病院に行ったら、ヘルニアに次いで診断されることが多いです。

すべり症

背骨の一部の腰椎と呼ばれる骨が、前方に滑ってしまい、神経を圧迫している状態です。

ヘルニアとすべり症の違いは、ヘルニアは椎間板の中身が神経を圧迫しているのに対し、すべり症は前に滑った骨が神経を圧迫しています。

 

運転中の対策、予防方法は?

ここから話を戻して、運転中に坐骨神経痛の症状が出にくくする対策と、
そもそもお尻が足の痛みが出ないようにする予防方法を紹介します。

運転中は背もたれを後ろに倒しすぎない

背もたれを倒しすぎると、背中が丸くなり骨盤が後ろに倒れます。

すると腰やお尻の筋肉に負担がかかって、筋肉が固くなってしまいますので、95度くらいの角度で背もたれをセットしてください。

背もたれを倒したら楽な気がしますが、実は坐骨神経痛を悪化させてしまうんです。ご注意を。

座席シートに深く座る

シートに浅く座ると、骨盤が後ろに倒れます。骨盤が後ろに倒れると、お尻の筋肉が余計に圧迫されて、坐骨神経痛が悪化してしまいます。

しっかり深く座り、坐骨と体が90度になるように意識して座りましょう。

背もたれにタオルや薄いクッションを挟むと、この姿勢でも楽になります。

座席シートの位置を離しすぎない

シートとアクセルやブレーキを離しすぎると、足を伸ばした状態で運転することになります。

伸ばした足に骨盤が引っ張られて、片側の骨盤が捻じれるようにゆがみます。

腰やお尻の筋肉の負担が、左右でアンバランスになるため、坐骨神経痛が悪化しやすくなります。

シートの位置は、ひざを軽く曲げた状態でアクセルやブレーキを踏める位置に調整してください。

こまめに休む

筋肉は長時間同じ姿勢を続けることで固くなります。

筋肉が伸び縮みしないので、血行が悪くなり筋肉は酸欠状態。乳酸などの老廃物がたまり、緊張して固まってしまいます。

ですのでこまめに運転をやめて、外に出て体を動かしましょう。

歩く、ストレッチ、足踏み、体操など何でもいいですよ。筋肉に血を巡らせましょう。

坐骨神経を圧迫するお尻の筋肉が緩んで、神経痛の予防になります。

予防方法:お尻のストレッチ

車の運転で坐骨神経痛を悪化させる原因は「梨状筋」と言いました。

ですので、この筋肉の柔軟性を常に回復させておけば、坐骨神経痛の予防になります。

ごく簡単な方法ですので、ぜひやってみてください。
特にお風呂上りや夜寝る前にやるのがベストです。

  1. 仰向けになります。
  2. 片方のひざを立てます。
  3. 反対側の足首を、立てたひざの太ももに持っていきます。
  4. 2の立てたひざを両手で持って、胸の方に引き寄せます。
  5. 3のお尻が突っ張る感じがしたら、20秒~30秒キープしましょう。
  6. 反対側も同じようにおこないます。

このストレッチを毎日しておくと、車に乗った時の坐骨神経痛の予防にもなりますので、コツコツ頑張りましょう!

 

注意しておきたい病気による足のしびれ

まれに、足のしびれを引き起こす原因に、内科的な病気があります。

この場合は、車の運転で足がしびれるといった限定的なものではないですが、内科的な病気かも…と不安に思うクライアントもいらっしゃるので、いくつか簡単に紹介します。

糖尿病

糖尿病で、常に血糖値が高い場合、神経に老廃物がたまったり、神経に栄養を送る血液が少なくなります。

すると、足のしびれが出たり、左右の手足の感覚が鈍くなる症状が出てきます。

アルコール

お酒を長期間、多く飲んでいると神経に障害が起こります。特に足に症状が出やすく、ジンジンした痛みと痺れがあります。

脳梗塞

脳の血管に血の塊が詰まることを脳梗塞と言いますが、脳の感覚にかかわる部分に障害が起きると、手足にしびれを感じます。

また、ろれつが回らない、手や足を使いづらいという障害も出やすいですので、手足のしびれと同時にこのような症状が起こった場合は、すぐに病院にかかってください。

脳梗塞が落ち着いてからしばらく経って、しびれが出る場合もあります。

腫瘍(がん)

細胞が異常に増えて、周りの組織を圧迫したり破壊したりする病気です。

増殖した細胞が神経を圧迫すると、しびれや痛みが出てきます。

四六時中痛みやしびれがある、安静にしても動いてもどんな姿勢でも楽にならない、だんだん痛みが悪化しているという場合は注意が必要です。

 

まとめ

内科的な病気によるしびれは怖いですが、そうでない場合、車の運転で足が痛むのはお尻の筋肉が原因であることがほとんどです。

この記事は

  • なぜ車の運転で坐骨神経痛になるのか
  • 坐骨神経痛を引き起こす原因あれこれ
  • 運転中の対策、予防方法
  • 注意しておきたい病気によるしびれ

といった内容で書いていますので、読んでいないところがあればぜひ戻って読んでください。

もしあなたが、坐骨神経痛がなかなか良くならないと悩んでいるのであれば、福岡で坐骨神経痛専門の整体院にご相談ください。

きっとあなたのお役に立てると思います。

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP