福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

お尻から足にかけての痛みやしびれがある・・・
腰の痛みから始まり、足全体に痛みやしびれが広がる坐骨神経痛。

坐骨神経痛かも…と思いながら、
病院って何科に行ったらいい?
治療方法は?
薬ってどんな種類があるの?

と色々悩んでいるあなたへ。

当院に来院される坐骨神経痛のクライアントは、
まずは病院で診てもらって改善せず、
最終的に当院で施術を受けている方が多いです。

よくよく話を聞いていると、坐骨神経痛は初めての痛みで
どうしたらいいか困って、とりあえず病院を探したそうです。

何科に行ったらいいか分からず、病院に行くまでたくさん情報を調べたけど、
どんな治療をされるのか、どんな薬を飲むのか、手術しないといけないのかと
すごく悩んだ経験があったみたいです。

この記事では、初めての坐骨神経痛のあなたに
病院での治療法や薬の種類についてを解説します。

まずは不安を早めにとって、早めに整体の施術を受けて改善してほしいからです。

<目次>

  • 坐骨神経痛って何科?
  • 病院での治療法
  • 内服薬の種類
  • ブロック注射について

坐骨神経痛って何科の病院に行くの?

坐骨神経痛を専門としているのは、「整形外科」の病院です。
レントゲンやMRIの画像診断を主に行います。

ここで骨の変形があるのかどうか、ヘルニアがあるのかどうか、
神経が圧迫されているかどうかを、画像を見て判断します。

神経の圧迫がはっきり画像でわかるものもあれば、
「ちょっと椎間板つぶれてるね」という程度ではっきり分からないものもあります。

じつは坐骨神経痛の原因は、画像はっきり断定できないことが多いのですが、
病院側としては診断しないといけないので、これをヘルニアや脊柱管狭窄症と言ったり、
あやふやな感じで「加齢によるもの」と言ったりします。

ちなみに、こういう坐骨神経痛は整体での十分対応できます。

坐骨神経痛については、こちらの記事もあわせてご覧ください。

坐骨神経痛とは?知っておいて損はない病気のあれこれ

 

病院での治療方法

検査して坐骨神経痛と診断された場合、すぐに手術するわけではなく、
まずは保存療法と呼ばれる「とりあえずお薬出しときますから様子見ましょう」
といった類の治療方法を行います。

3ヶ月ほど続けても日常生活に支障があり、症状の変化がないときに、
改めて手術するか検討されることがあります。

では病院でどんな治療をするのかを紹介します。

薬物療法

先に言ってしまうと、坐骨神経痛を直接「治す」薬は残念ながらありません。

一般的には症状を和らげるということを目的に薬物療法を行います。

  • 非ステロイド性消炎鎮痛薬
  • 神経障害性疼痛治療薬
  • 筋緊張弛緩剤
  • 血管拡張薬

などが使われます。坐骨神経痛の治療で用いる薬の種類については、この後ご紹介します。

理学療法(リハビリ)

理学療法には、運動療法、温熱療法、コルセット療法、電気療法などがあります。

劇的に効果が期待できるものではありませんが、痛みが和らぐこともあります。

神経ブロック療法

神経や神経の周りに、局所麻酔薬を注射します。痛みが伝わる経路をブロックすることで、痛みを感じにくくさせます。

一度では症状が緩和しない場合がほとんどですので、何度もブロック注射を受ける必要があります。

薬物療法と合わせて行われることが多いです。

手術

薬物療法や神経ブロック療法などの他の治療法を行い、数か月様子を見ても症状に変化がない、悪化している場合に手術を行います。

神経を圧迫している原因を切り取る手術をします。

 

病院で処方される内服薬について

薬物療法で使用する内服薬については、効果や効能により複数の種類があります。もちろん薬ですので副作用があります。

もし内服薬を使用する場合は、自分で判断せず、医師の指示に従うようにした方がよいでしょう。

整体の施術を行い症状が改善すれば、薬の種類や量を減らしてもらうことも期待できます。

目的別に説明します。

痛みやしびれの症状を緩和する薬

消炎鎮痛剤のことで、痛みや炎症、しびれを和らげるための薬です。飲むタイプと座薬タイプがあります。

長く服用していると、胃痛、下痢、発疹などの副作用が起こることもあります。特に空腹時に飲むと胃が痛くなりやすいです。

筋肉の緊張を緩和する薬

筋弛緩剤は、筋肉の緊張を和らげます。坐骨神経への圧迫を軽減するために使われますが、血流改善効果も期待できるため、消炎鎮痛剤と合わせて使用されやすいです。

副作用は、発疹、眠気、吐き気などが起こることもあります。

血流を改善する薬

血管拡張薬は、血管を広げて血流を改善させます。血流が改善すると痛みやしびれが和らぐため使用されます。

副作用として下痢、吐き気、頭痛、火照り、かゆみなどが起こることもあります。

神経機能を安定させる薬

ビタミンB12など、末梢神経の傷を修復を促し、神経機能を安定させる薬もあります。

 

ブロック注射について

強い痛みが続いたり、薬が効かないときに、神経ブロック療法を選択されることが多いです。

神経に麻酔薬を注射することで、痛みの伝達をブロックします。

ブロック注射も、種類がたくさんあり、
症状や痛みの場所などによって使い分けられます。

硬膜外神経ブロック

背骨の中、脊髄を覆っている硬膜と呼ばれる部分の外側に注射します。

下半身全体の痛みに対して効果が期待できるという方法です。

注射には約15分ほどの時間がかかります。

神経根ブロック

脊髄から枝分かれした部分にある神経根と呼ばれるところに注射をします。

痛みの部位にピンポイントで注射しますので、ブロック注射の中でも効果が高いと言われています。

椎間板ブロック

背骨と背骨の間にある椎間板に注射します。

腰椎椎間板ヘルニアの治療の際に用いられることがあります。

仙骨裂孔ブロック

尾骨の辺り仙骨裂孔と呼ばれる部分から注射をします。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどの足の痛みやしびれに用いられます。

 

まとめ

この記事では、

  • 坐骨神経痛って何科の病院に行くの?
  • 病院での治療方法
  • 病院で処方される内服薬について
  • ブロック注射について

といった内容を書いています。

坐骨神経痛かな?と思ったら、放っておくと悪化して大変な思いをすることあります。

まずは坐骨神経痛なのかどうかを知っていただいて、早めに治療を行うことをおススメします。

ちなみに、セルフチェックの方法もありますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

もしかして坐骨神経痛?と思ったら、簡単セルフチェック!

また、坐骨神経痛は整体での施術も有効な場合が多いので、悩んでいるのであれば、一度当院までご相談ください。

福岡で坐骨神経痛専門の整体院が、あなたのお力になれると思います。

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP