福岡で腰の痛み・しびれにお困りなら「あけぼの整体院」へ

坐骨神経痛で足が痛い、しびれる・・・

こういったときは運動をした方がいいの?

痛いのを我慢して運動したら悪化する?

クライアントからよく受ける疑問に福岡の整体師が解説していきます。

<目次>

  • 坐骨神経痛について
  • 坐骨神経痛と運動の関係
  • 運動不足は坐骨神経痛のリスクになる?
  • おすすめの運動とNGの運動

坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは、腰から足まで伸びる“坐骨神経”と呼ばれる太い神経が、筋肉や骨、その他の原因で圧迫されて、腰やお尻、太もも、すね、ふくらはぎ、足の裏や指先に痛みやしびれが出る症状のことを言います。

日常生活において、坐骨神経痛は大変厄介な症状です。

痛みが原因で家事や仕事に支障が出たり、旅行に行けなかったり、スポーツや趣味を我慢することになったり、多岐にわたり影響が出てしまいます。

坐骨神経痛を引き起こす原因

坐骨神経痛の痛みやしびれを引き起こす原因はいくつかあります。

・椎間板ヘルニア

ヘルニアは背骨の間の椎間板が潰れることで一部が飛び出し、神経を圧迫することで腰から足にかけて痛みと痺れがでる病気です。病院で画像診断をしたら見つかるものです。すぐに手術を言うわけではなく、痛み止めやブロック注射などで対処することが多いです。

・脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、背骨の中の神経を通る空間が狭くなり、神経の根元が圧迫されている病気です。

50代以降に多くみられ、加齢で骨や椎間板が変性してしまうことが原因です。歩いていると足が痛くて歩けなくなり、しばらく休むと歩けるようになる、といった特徴的な症状があります。

・すべり症

背骨の一つが前に滑ってずれて、神経を圧迫してしまう病気です。すべり症でも腰痛や足の痛みを感じないこともあります。

・腫瘍

坐骨神経の通り道に腫瘍ができて足の痛みやしびれが出るケースもあります。安静にしていても、どんな姿勢になっても、どの時間でも激しい痛みが続くという場合は、腫瘍の可能性もありますので、すぐに病院で検査を受けましょう。

他には女性特有の子宮筋腫などが原因になる場合もあります。腰痛とお腹がポッコリ出る状態が続いている場合は病院で診てもらうようにしましょう。

・梨状筋症候群

ヘルニアや脊柱管狭窄症のように、レントゲンやMRIの画像では映らないものです。

お尻の筋肉の1つの梨状筋が固くなり、坐骨神経の通り道を圧迫して、足の痛みやしびれの症状が現れます。

・腰の筋肉や骨盤の歪み

長時間のデスクワークや運転、長時間の立ち仕事、姿勢不良などにより、腰の筋肉や足の筋肉が緊張して固まります。

また、片側でバッグを持ったり、片側の足に重心がかかっているなど、前後左右の重心バランスが崩れることで、骨盤がゆがみ腰の筋肉に負担が増えます。すると近くの神経や血管を圧迫するため、坐骨神経痛の症状が現れます。

坐骨神経痛を引き起こす原因はこのタイプが多く、ヘルニアや脊柱管狭窄症が直接の原因で坐骨神経痛になることは20%ほどしかありません。ですので、ほとんどの場合は腰痛を放っておいて悪化した結果に足の痛みやしびれを併発します。

坐骨神経痛になりやすい生活習慣

もしあなたが、足が痛い、痺れる・・・と感じてきているなら、以下の生活習慣に当てはまっているかもしれません。

  • 座る時に足を組んでいることが多い
  • 同じ手に荷物を抱えていることが多い
  • 長時間同じ姿勢で過ごすことが多い
  • 沈みすぎるソファーに長時間座る
  • 座椅子や椅子にだらりと座っている
  • いつも猫背になっている
  • 普段からほとんど歩いていない
  • 締め付けるような下着や服を着ている
  • 中腰作業が多い
  • ストレスが多い

これらの項目は、腰痛になりやすい生活習慣と同じですが、このまま続けると坐骨神経痛になる可能性があります。たくさん当てはまるようでしたら、少しづつでもいいので見直すようにしましょう。

坐骨神経痛と運動の関係

坐骨神経痛と運動との関係は、何が原因になっているかによって改善したり悪化したりします。

例えば、ヘルニアが原因で坐骨神経痛が現れている場合、体を前に倒す前屈運動で症状が悪化しやすいです。また、繰り返し行うジャンプ運動ではヘルニアの症状が悪化しやすく、自転車では体が前に倒れるために痛みが強くなりやすいです。

また、脊柱管狭窄症が原因で坐骨神経痛が現れている場合、体を前に倒すのは大丈夫ですが、背筋を伸ばしたり、体を後ろに倒す運動をすると症状が悪化してしまいます。ラジオ体操などで頑張って後ろに倒すと足の痛みが強くなってしまいます。逆に自転車の運動では腰が曲がるので楽になります。

なので坐骨神経痛と言っても、症状を引き起こす原因によって有効な運動、悪化させる運動などが変わりますので注意が必要です。

テレビで言っていた運動を見よう見まねでやったら痛みがひどくなったなどといった例もたくさんあります。あなたが「こんな運動はしていいのかな・・・何をしたらいいのかな・・・」と悩んでいるなら、ぜひ一度、福岡の坐骨神経痛専門の整体院までご相談いただければと思います。

運動不足は坐骨神経痛のリスクになる?

坐骨神経痛には、運動不足が関係している可能性があると言われています。

もともと坐骨神経痛にならないために、いい姿勢を心掛ける、歩き方や座り方を正しくする、適度な運動をする、温めて血流をよくして冷えを改善する、ストレッチで筋肉や関節に柔軟性を持たせるなどといったことが推奨されてきました。

その中で適度な運動はすべての改善につながりますので、効果的だと言われるわけです。

運動不足が直接、坐骨神経の圧迫になるわけではありませんが、運動不足から起こる体の変化が坐骨神経痛のリスクになるということは否定できません。

運動不足だと体はどうなるのか

運動不足の体は、日常で通勤や部屋の中で動く程度の動きしかしません。その状態が続くと、体の各関節や、関節を動かす筋肉が固まり、柔軟性が下がります。

関節や筋肉に柔軟性がない状態だと、少し負荷がかかっただけで衝撃をモロに受けたり、普段しない動きをしたら痛みを感じるようになります。

普段適度な運動をしている人は関節や筋肉の柔軟性があるため、同じような負荷でも問題ありません。

子供の運動会を思い出してください。

お父さんが張り切って日頃やらない運動を急にするから、転んだり肉離れや捻挫を起こしたり、それをきっかけに膝や腰に痛みを感じるようになります。

腰椎や骨盤も同じで、運動不足で固まった体で普段しない動きをすれば、腰の筋肉や骨盤が限界を超えてしまい坐骨神経痛になるリスクは上がります。

もう一つ、普段の運動不足から、以前よりも体重が増えている方も注意が必要です。

ものを持つときも歩くときも、体重が増えた分関節や筋肉の負担が増えます。走る時は関節に5倍もの負荷がかかると言われていますので、10kg増えたら関節には50kg分負荷が増えると思ってください。

筋肉や関節はより固くなってしまいますので、坐骨神経痛になるリスクは高まります。いろいろな病気にもつながりますので、なるべく適度な運動を続けるように心がけることが大切ですね。

おすすめの運動とNGな運動

坐骨神経痛の症状がある時に早期改善するためのおすすめの運動を説明します。

痛いからと家で安静にし続けていると、筋肉は衰えて全身が弱っていきます。腰痛や坐骨神経痛が悪化しやすくなりますので、あなたができる範囲でいいので運動して筋肉や関節を適度に動かしましょう。

おすすめの運動:プール歩行

まず、どのような原因であっても有効な運動はプール歩行です。

ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症などが原因の坐骨神経痛でも運動することができます。

これは、プールに入ると浮力が働くため重力の影響を減らすことができるからです。椎間板や関節にかかる負担を減らした状態で筋肉を動かすことができます。

関節や筋肉が動きますので、関節の潤滑が良くなり、筋肉のポンプ作用で血液の循環を良くできます。血流が良くなりますので筋肉は緩み坐骨神経痛を軽減できる可能性があります。

おすすめ運動:ウォーキング

基本的に坐骨神経痛だけでなく、腰痛や足の痛みしびれの原因のほとんどは、筋肉の血流不足によるものです。血流不足では筋肉が酸欠と栄養不足で余計に固くなり、さらに血流不足を招きます。

ですので、ウォーキングをすることで全身の筋肉を動かし、血流不足の改善ができます。血流が良くなれば筋肉の緊張が取れて緩んできますので、坐骨神経痛を軽減できる可能性があります。

おすすめ運動:エアロバイク

この運動は、脊柱管狭窄症などのウォーキングがとてもつらいという方に有効です。

脊柱管狭窄症ではエアロバイクで前傾になりますので、背骨の中の管が広くなり神経の圧迫が減るので、楽な状態で運動できます。

逆に注意が必要なのがヘルニアです。

ヘルニアは前傾姿勢では痛みが増しますので、エアロバイクは控えるようにしましょう。

坐骨神経痛にNGな運動

まず、NGというか運動全般を控えた方がいい時期があります。

それは坐骨神経痛の痛みやしびれがとても強いときです。

なぜかというと、痛みやしびれが強いときは筋肉も体を守るためにガチガチになっています。ここで無理をするとさらに筋肉が固くなってしまい、症状が悪化し長引く場合があるからです。激痛が治まってから運動するようにしましょう。

では、坐骨神経痛の激痛がある程度治まってからも、この運動はしないでくださいというものがあります。

それは、「筋トレ」です。

筋トレは無酸素運動と言われる運動の方法で、息を止めて運動し、筋肉に酸素が送られない状態で動きます。

もともと固くなっていた筋肉がさらに酸欠状態になるため、血流不足でより緊張してしまいます。結果としてより神経を圧迫することになりますので、下手したら坐骨神経痛は悪化してしまいます。

坐骨神経痛を治すために腹筋や背筋を鍛えている方は、特に気を付けてください。

まとめ

坐骨神経痛と運動の関係性とリスクについて解説してきましたが、いかがでしょうか?もう一度まとめますと、

  • 坐骨神経痛について
  • 坐骨神経痛と運動の関係
  • 運動不足は坐骨神経痛のリスクになる?
  • おすすめの運動とNGの運動

という内容で記事を書きました。まだ読んでいないところがあればぜひ戻って確認してください。

坐骨神経痛には適度に運動を行った方がいいのですが、自己流で間違った方法をとっていると逆に悪化してしまう恐れがあります。

もし坐骨神経痛の症状が悪化してきた、長引いているというのであれば、トレーニング方法や運動方法が合っていないのかもしれません。

福岡県福岡市の整体院では、他院でアプローチできないインナーマッスルの施術を行います。またクライアントに合わせた生活習慣や運動のアドバイスし、坐骨神経痛の早期改善と症状の再発を防ぐ体づくりを行います。

福岡市で口コミNO.1の腰痛専門整体なら「あけぼの整体院」へ PAGETOP